テックビューロとNEMが、所有権が移転可能な世界初のブロックチェーン証明書発行ツール『アポスティーユ』を無償公開 他4記事

テックビューロとNEMが、所有権が移転可能な世界初のブロックチェーン証明書発行ツール『アポスティーユ』を無償公開
参考元:PR TIMES (プレスリリース)

ブロックチェーン技術を提供するテックビューロ株式会社(本社: 大阪府大阪市、代表取締役:朝山 貴生、以下「テックビューロ」)と、国際的なブロックチェーンプロジェクトNEM(暗号通貨XEM)は、プライベートブロックチェーンmijinとパブリックブロックチェーンNEMとの両方で稼働 …

Jack Dorsey氏、ブロックチェーン、金融サービスの未来〜ラスベガスで開催されたフィンテックイベント「Money 20/20」から
参考元:THE BRIDGE,Inc.

暗号通貨やスマートコントラクトのプラットフォームもそれぞれ独自のブロックチェーンを利用している。端的に言うと、「ブロックチェーン」とは公に分散している取引台帳である。公になっているため取引を拒否することはできず、同じ値は二度と使用することができない。公開台帳が …

支えてくれたのは“繫がり”
参考元:女子ツク

ビットコイン(Bitcoin)」と呼ばれる仮想通貨があるのをご存じだろうか?「暗号通貨」とも「電子決済」とも呼ばれ、手数料が極めて安価なことから今最も注目される決済ツールである。そのビットコイン業界で「ミスビットコイン」と呼ばれるひとりの女性がいる。株式会社グラコネの代表 …

ビットコインでかんたん決済。福岡初!?スマホと仮想通貨があれば食事ができる
参考元:エキサイトニュース

しゃぶしゃぶの店 縁-ENISHI-(福岡市中央区薬院)は、2016年10月24日から仮想通貨(ビットコイン)での決済サービスを福岡市内の飲食店では初めて導入しました。(弊社調べ) 時代がどんどん進み、現金支払いだけだったものが、カード決済、ポイント決済、おサイフケータイ …

11月号早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問 野口悠紀雄 Yukio Noguchi
参考元:dot.

予測市場は昔からあったが、最近のものは、仮想通貨の基礎技術である「ブロックチェーン技術」を用いて、より正確で公平な予測ができるようになっている。 将来の事象についての賭け事をインターネットに載せ、それに対して誰もが仮想通貨を用いて参加できる。それによって …

Scroll to Top