なぜビットコインは再び注目されているのか? 他4記事

なぜビットコインは再び注目されているのか?
参考元:BLOGOS

ビットコインの流通量は、時価総額で約52億ドルにのぼるとされる。全世界で2015年11月まで取扱業者は約10万社。1日当たり取引委件件数は約17万件に達する。日本でも1日、数億円分が売買されている(金融庁)。ちなみに国内でビットコイン支払可能な店舗は、ネット店舗を …

脅威は、1つ見つかれば他のシステムにも巣くう
参考元:@IT

Bitcoinをはじめとする暗号通貨が支払い手段として使われることも、犯罪者の追跡を困難にしている。時には数回使っただけでウォレットを使い捨てたり、複数のウォレットIDを使い分けたりと、さまざまな手法を用いられることで、金の流れから犯人を追跡する作業を困難にしている …

日本円は「蚊帳の外」に、仮想通貨が独自の経済圏を形成
参考元:ダイヤモンド・オンライン

新しい技術を開発した企業のスタートアップ資金は、これまでは株式市場におけるIPOによって行なわれてきた。しかし、今後は、分散市場におけるICOによってなされるだろう。 仮想通貨はすでに独自の経済圏を形成している。問題は、日本円が蚊帳の外に置かれていることだ。

クリストフ・ウズローさん、そもそもFinTechってなんですか
参考元:EnterpriseZine

現在、世間一般で”FinTech”と呼ばれている企業の多くは”FinTechスタートアップ”です。ガートナーではこれを”FTSU”としていますが、こうした従来の金融業のライセンスをもたず、テクノロジでもって金融サービスを提供する企業をFinTechと呼びながら、一方で大手金融機関やIT …

信頼ベースの技術に特化した世界最大イベントのトラステック(カルト含む)がブロックチェーンをテーマにカンファレンスを実施
参考元:時事通信

善かれあしかれ、この言葉は流行語となり、暗号通貨がニュースの大見出しを飾ります。しかし、ブロックチェーンはこれまでのところ、何ら大きな発展を遂げていません。それでも数を増している利害関係者の関心がブロックチェーン技術の効力に向かっており、これは金融、 …

Scroll to Top