【年率14.0%】「ビットコイン定期キャンペーン」実施のお知らせ 他5記事

モスクワにロシア初のビットコイン交換所オープン
参考元:Sputnik 日本

モスクワの新アルバート通りにロシア初の仮想通貨交換所がオープンした。クライアントがオフラインでビットコインを販売することができる場所だ。ポータルForkLogが報じた。 ビットコイン. © Flickr/ Whitez · 日本のビットコイン取引量、50倍に増加. オープンさせたのは活動家の …

【年率14.0%】「ビットコイン定期キャンペーン」実施のお知らせ
参考元:ValuePress! (プレスリリース)

日本居住者のお客様に限ります。 ・お預入頂いたビットコイン定期はビットコイン売却・ビットコイン送付・bitWire・ビットコイン決済等他のサービスにはご利用頂けません。 ・1BTC以上の取引実績対象はビットコイン販売所、ビットコイン簡単取引所、bitFlyer Lightning・bitFlyer FX …

楽天、英に楽天ブロックチェーン・ラボ – FinTechなどへの応用可能性を研究
参考元:マイナビニュース

楽天は8月18日、同22日に英国ベルファストに楽天ブロックチェーン・ラボを開設すると発表した。同ラボは、ブロックチェーン技術に特化した研究開発組織でFinTechおよびEコマース分野における同技術の応用可能性を研究していく。 楽天は同ラボの設立に先立ち、ブロック …

ビットコイン取引で荒稼ぎも、ハッキング被害で損失補てんに直面
参考元:ブルームバーグ

仮想通貨ビットコインの取引所マウントゴックスから大量に顧客資金が消失し、破産に追い込まれた事件から2年余り。今度は香港で発生したハッキング事件でビットコイン市場が揺れている。 香港に拠点を置く仮想通貨取引所、ビットフィネックスは8月2日に11万9756ビット …

日本のビットコイン取引量、50倍に増加
参考元:Sputnik 日本

また、トレーダーらは、今年の円の安定性により、ビットコイン買いに走った。投機家らが金を稼ぐための新たな機会を探し始めたのだ。 半年でビットコインのレートも大幅に上昇した。1月で44000円だったのが6月中旬には8万円に跳ね上がった。現在までにビットコインの価値は6 …

ソニー、金融子会社の出資比率上げ フィンテックで協業目指す
参考元:日本経済新聞

ソニーは18日、金融子会社のソニーフィナンシャルホールディングスへの出資比率を60%から62.1%に引き上げたと発表した。取得額は135億円。少数株主持ち分を取り込むほか、金融とIT(情報技術)が融合するフィンテック分野での協業を検討する。これまでソニーとソニーFH …

ブロックチェーンをフィンテックから解放。世界初、ログストレージとしてのブロックチェーン「Proof Log」β版ローンチ
参考元:PR TIMES (プレスリリース)

今後シビラは「世界を支えるインフラとしてのブロックチェーン」を目指しライフログやモノの貸し借りなど、フィンテック以外の分野でブロックチェーンサービスを形にしていく方針だ。 そのための第一歩として、独自ブロックチェーンの開発とそれを活用したサービス「Proof Log」を …

Scroll to Top