人民元、国際通貨へ布石 SDR建て債 8月にも発行 他3記事

人民元、国際通貨へ布石 SDR建て債 8月にも発行
参考元:日本経済新聞

【上海=張勇祥】中国は国際通貨基金(IMF)が算出する仮想の通貨「特別引き出し権(SDR)」建ての債券市場を育成する。まず政府系銀行の中国国家開発銀行が同債券を8月中にも発行する。10月から人民元がSDRの構成通貨に加わるのを機に国際通貨として威信を高める …

ビットコインを取り締まるには、まず警察や裁判所がビットコインを学ぶところから
参考元:ギズモード・ジャパン  

アメリカで起きた初のビットコインマネーロンダリングのケースが、マイアミのデイド裁判所によるビットコインは通貨にはあたらないという判断のもと、棄却されました。 担当した巡回裁判所判事Teresa Mary Poolerは、「ビットコインは中央集権型の仕組みも、中枢機関も、後ろ盾に …

海外送金ネットで 愛媛銀、29日サービス開始
参考元:愛媛新聞

外為ネット」では、米ドルやユーロなど17通貨の外国送金に対応。海外取引で同行が信用保証する「輸入信用状」も日本円、米ドル、ユーロの3通貨で開設できる。最新の暗号化通信技術や電子証明書の採用などセキュリティー対策も充実させたという。 利用時間は平日午前8 …

FinTechがもたらす不動産市場への効果とは?累計募集金額50億円超の不動産特化型ソーシャルレンディングのラッキーバンク・インベストメント株式会社が、不動産市場 …
参考元:PR TIMES (プレスリリース)

不動産特化型ソーシャルレンディング「Lucky Bank(ラッキーバンク)」(https://www.lucky-bank.jp/)の運営を行うラッキーバンク・インベストメント株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 田中翔平)は、FinTech企業発からの不動産事業を手掛けるLBIリアルティ株式 …

Scroll to Top