金融業界で真に使えるブロックチェーンとは:R3のTim Swanson氏 他7記事

金融業界で真に使えるブロックチェーンとは:R3のTim Swanson氏
参考元:ZDNet Japan

6月24日、日経FinTech主催の読者限定イベント「Nikkei FinTech Conference 2016」が開催された。冒頭の特別招待講演では、世界40の金融機関が参加するブロック … Swanson氏はブロックチェーンに関して、「Bitcoinによってブロックチェーンという言葉が広まったが、例えば飛行機や自動車でも突然発明されたも …

MITがFinTechのオンライン講座を開講 世界の先端を行くその講義内容とは?
参考元:ITmedia

ファイナンス「Finance」とテクノロジー「Technology」の2つを掛け合わせた「FinTech(フィンテック)」。銀行や証券などの金融業界と、IT業界が作り出す新しいビジネスのことを指し、世界中の起業家や投資家から熱い視線が注がれている。日本では、家計簿アプリの「マネー …

ShareWis Salon講座(β)で「bitcoin School」の提供を開始
参考元:時事通信

ミス・ビットコイン 藤本真衣氏 株式会社グラコネ代表取締役。初期からのビットコインユーザーで、ビットコインのエバンジェリスト。ビットコインの講演活動、ビットコイン関連企業のプロモーション、マーケティングコンサルタントとして活躍している。グローバルなビットコイン寄付 …

まだまだ未成熟なブロックチェーン、実用には四つの課題
参考元:ITpro

ブロックチェーンプラットフォーム「Ethereum(イーサリアム)」上に構築された事業投資ファンド「The DAO(Decentralized Autonomous Organization)」がサイバー攻撃を受けファンドの仮想通貨が流出したのだ。The DAOは、イーサリアム上のプログラムコードに基づく自律分散 … そこで本連載では、暗号とその応用技術 …

ブロックチェーン推進協会、円ペッグ通貨実験構想や技術者向け研修を公表
参考元:ITpro

この実験を通じ、法定通貨とひもづいたトークンの発行・流通実務の洗い出しや法的側面の検討を行い、論文として公表する考えだ。 このほか技術委員会では、秘密分散ストレージの開発、暗号による取引の秘密保護、秒間数万~数十万件のトランザクションへの対応といった、 …

FinTechは“発明との組み合わせ”の革新–日本銀行・山岡氏の見方
参考元:CNET Japan

日経FinTechによる、金融とテクノロジをテーマにしたイベント「Nikkei FinTech Conference 2016」が6月24日に開催された。「FinTechは世界を変えるか」と題するセッションでは、日本銀行 決済機構局長の山岡浩巳氏が登壇。FinTechの革新性を … お金にデジタル技術を適用すると『デジタル通貨』になる。帳簿に …

FinTech企業と大手金融機関の協調を支援していく:金融庁の油布氏
参考元:ZDNet Japan

金融庁では、2015年12月からFinTechスタートアップ企業向けに問い合わせ用のサポートデスクを設置している。問い合わせ対応者を1~2人置き、相談に応じて担当者へ繋げる体制を取っており、開設からコンスタントに2日に1件程度の相談が来ているという(詳しくは7月に …

SBIインベストメントの「FinTechファンド」、300億円を集める
参考元:ITpro

ベンチャーキャピタル(VC)事業を展開するSBIインベストメントは2016年6月30日、FinTech事業領域への投資を目的とした「FinTechファンド」が出資約束金の300億円に達したと発表した。ファンド設立は2015年12月、計54社が出資した。既にFinTechファンドはfreee、bitFlyer、 …

マネーフォワード、日本IBMのFinTech共通APIへ接続検証を実施
参考元:ASCII.jp

日本IBMのFinTech共通APIとは、金融テクノロジーサービスを提供する事業者向けに提供しているサービス。FinTechのサービスと既存の金融機関のインターネットバンキングを接続し、残高照会や入出金情報など連携できるインターフェースを含むAPI群のこと。2016年2月に …

Scroll to Top