仮想通貨から胎児の相続権まで…中国「民法の時代」開かれる 他3記事

仮想通貨から胎児の相続権まで…中国「民法の時代」開かれる
参考元:中央日報

中国の民法総則が初めて姿を現した。人民日報をはじめとする中国官営メディアは28日、「中国の立法機構である全国人民代表大会(全人代)常務委員会が民法総則草案の審議に入った」と一斉に報じた。財産権を含む個人・法人の権利と契約・相続などの基本原則を規定する …

テックビューロが仏Ledger社と提携し、USBトークン型ビットコインウォレット「Ledger Nano」シリーズを日本の正規代理店として発売開始
参考元:PR TIMES (プレスリリース)

ブロックチェーン技術「mijin」とビットコイン取引所「Zaif」を提供するテックビューロ株式会社(本社: 大阪府大阪市、代表取締役:朝山 貴生、以下「テックビューロ」)は、Ledger SAS(本社:フランス共和国パリ、CEO Eric Larchevêque、以下「Ledger社」)と本日付で事業提携し、 …

【正論】AIによる「社会を自動運転」可能 フィンテックがSFを現実にする 東京大学教授・坂村健
参考元:産経ニュース

具体的なフィンテックを見ていこう。例えば「ブロックチェーン」。全ての取引記録を暗号化し、関係するすべてのコンピューターが保存し、常に更新し、特定の権威なしに取引の正当性を保証する技術。電子通貨として有名な「ビットコイン」の基礎メカニズムとして有名になった。

フィンテックバブル、崩壊の懸念 「顧客の9割が高リスク層」の現実
参考元:Forbes JAPAN

しかし、解決法がわかっていても実行するのには時間がかかるだろう。ここ数年のフィンテックブームがもたらしたバリュエーションの高騰や事業運営コストの増大により、企業の多くはあらゆる手段を講じて成長を追求し、投資家にアピールしようとしている。こうした近視眼的な姿勢 …

Scroll to Top