セレス、東大発のベンチャーのジャノムとビットコインに関するアプリ開発で提携 他5記事

セレス、東大発のベンチャーのジャノムとビットコインに関するアプリ開発で提携
参考元:SocialGameInfo

ジャノムは、東大大学院在籍の日向理彦氏により設立され、国内初の仮想通貨専門ECサイト「コインギフト」や、仮想通貨交換所「もなとれ」などを運営する暗号通貨・仮想通貨ベンチャー。「コインギフト」は日本円をつかわずにビットコインやモナーコインでギフト券やビットコイン用 …

ビットコインでギフト券、プリペイドカード販売できるECサイト「Bitでマネー」サービス開始
参考元:ECサポーター

支払いに利用できる仮想通貨の種類は、ビットコインをはじめモナコイン、ライトコイン、ドージコインの4種類。購入できるギフトカードは、アマゾンギフト券をはじめ、LINEプリペイドカード、iTunesカード、WebMoney, DMMプリペイドカード、mobageモバコインカード、楽天ポイント …

竹中教授「日本のフィンテックがダメな理由」
参考元:東洋経済オンライン

その分野は、資産運用、レンディング、保険、仮想通貨、決済など、実に幅広いが、既得権を守ろうとする力の強いこの日本で、新しいフィンテックス・サービスはどこまで広がるのか。また、広めるために必要なことは何なのか。慶應義塾大学名誉教授・東洋大学教授の竹中平蔵氏 …

米オラクル幹部「クラウドの次は分散処理」 ICTサミット
参考元:日本経済新聞

仮想通貨のビットコインを使ったサービスも、多くのコンピューター上でマイクロサービスを動かすことによって実現している。 通常のコンピューターで利用するアプリは10年使うことを想定して開発するが、こうしたマイクロサービスを使ったアプリは1日や数時間単位の利用を想定し …

FinTechが金融業界にもたらすものはテクノロジーではない
参考元:ITpro

FinTechの今を網羅する約500ページの年鑑、会員限定サイト、月刊ニューズレター、キーパーソンがイベント。FinTechのすべてが分かるクロスメディア「日経FinTech」が3月22日に創刊。資料請求はこちら! 「一言で言えば“地銀の乱”。あそこまで急展開するということは水面下 …

低所得者がスマホを買わないのはなぜ? そんな疑問から生まれたFinTech企業
参考元:ITpro

保存する. 米国の低所得者層のスマートフォン所有率が低いのはなぜだろう――。そんな疑問を突き詰めることで生まれたFinTechスタートアップがある。シリコンバレーに拠点を置く米PayJoyだ。「デザイン思考」のアプローチに基づいて、低所得者向けのスマホローンを開発した。

Scroll to Top