国の管理外の暗号通貨「ビットコイン」の仕組み 他6記事

国の管理外の暗号通貨「ビットコイン」の仕組み
参考元:毎日新聞

ビットコイン」に代表される暗号通貨が、その象徴と言えるでしょう。暗号通貨は、ネット上では難しかった少額決済を可能にします。例えば、少額の寄付や災害の被災者にお金を支援する、あるいは記事や動画などのコンテンツに「投げ銭」的に報酬を支払うことに使えます。

Bitcoin採掘の7割を中国が占め、元開発者が「実験は失敗だった」と表明
参考元:GIGAZINE

2008年に論文に登場して、2009年に最初のクライアントが誕生した仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」は、専用プログラムを用いて「採掘(マイニング)」することで新しいコインを得られるという仕組みなので、組織化された採掘集団がマイニングに殺到しました。2016年現在、「採掘」 …

ビットコインは金の代わりとなりつつある
参考元:Sputnik 日本

投資会社Wedbush Securitiesのアナリスト、ギル・ルリラ氏は、「金は以前、世界経済の状況と通貨制度を強く懸念する人々にとって唯一の拠り所だったが、ビットコインは他の資産クラス(資産の種類)を信頼しない人々にとって、資金を維持するための手段となった」と語った。

OKウェイヴ、続急伸・・・ビットコインウォレットアプリの米企業と資本業務提携
参考元:サーチナ

OKウェイヴはブレッドウォレット社の第三者割当増資の一部を引き受ける。ブレッドウォレット社はビットコインを送受信できるビットコインウォレットアプリを提供しており、OKウェイヴは自社のQ&Aサイト「OKWAVE」におけるビットコイン利用サービスの強化を図る。(編集担当: …

【特別企画】[講演レポート提供]Fintechが銀行の未来を変える!? – 注目すべき国内動向と欧米の先進事例
参考元:マイナビニュース

「Finance(ファイナンス)」と「Technology(テクノロジー)」を合成した用語「Fintech(フィンテック)」。2015年以降、金融機関の大きな戦略テーマとなったFintechは、2016年度に入り、実践フェーズへと移り始めた。技術がリードする変革で、金融業界に今、何が起きているのか。

FinTechユニコーンのストライプ(Stripe)が、PaypalやSquare並みに評価される理由
参考元:ソフトバンク ビジネス+IT

前回、FinTech(フィンテック)企業の全体像を概観しましたが、今回はその中でも特に注目したい企業を取り上げます。それが、モバイル決済を手がける「ストライプ(Stripe)」です。モバイル決済と聞くと、Paypal(ペイパル)やSquare(スクエア)などの有名企業が思い浮かぶと思い …

日本では当面厳しい「フィンテック」の普及
参考元:ダイヤモンド・オンライン

現在、フィンテックに従事するのは金融関係以外のIT系出身者が中心となってようで、考え方としては、送金は「E-mail」、業務のベースは「Web」の発展形といえる。そのため金融に必須の“法規制”や重要な“信用”への意識が、金融機関ほどには高くないような観がある。海外を …

日本IBM、ブロックチェーンの活用支援
参考元:日本経済新聞

日本IBM 25日、仮想通貨などで使う技術「ブロックチェーン」の活用を目指す企業向けに支援サービスを始めた。顧客を本社に招いたり、日本IBMの担当者が出向いたりして、コンサルティングや事業モデルの検証といったサービスを提供する。料金は2000万円から。ブロック …

世界最大のBitcoin両替所、MtGox破綻の真相
参考元:Business Newsline

2014年2月、世界最大のBitcoin <1050> 両替所となるMtGoxは、744,408 Bitcoinの預り資産のほとんどハッキング攻撃を受けて喪失したことを理由に拠点を置いていた日本の裁判所に対して破産申請を行った。 744,408 Bitcoinは当時に為替レートだと5億ドルにも上る巨額な …

Scroll to Top