テックビューロ運営のビットコイン取引所が、1日10億円以上の取引高を記録 他7記事

テックビューロ運営のビットコイン取引所が、1日10億円以上の取引高を記録
参考元:マイナビニュース

テックビューロは4月7日、同社が運営するビットコイン取引所「Zaif」において、2016年4月6日付けで24時間あたりの出来高が33,000BTCを記録し、その取引高が円建てで国内シェア57.90%の15億円以上となったことを発表した。現物を取り扱うビットコイン取引所にて、1日 …

 ビットコインの技術、金融で使う実験が成功
参考元:ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

米JPモルガン・チェースやシティグループなどが、仮想通貨ビットコインの根幹を支える技術「ブロックチェーン」をクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)の記録に活用する実験を行い、成功した。ビットコインの技術が金融業界で一般的に使われる足がかりとなる可能性がある。

 FinTechの認知・印象に迫る、不安も垣間見える結果に(マクロミル調べ)
参考元:ECのミカタ

FinTech系金融サービスの認知について問う設問では、「ネットバンキング(PC)」が80%、「ネットバンキング(スマホ)」が50%、「暗号通貨」20%という結果になった。CMやニュースで話題になったサービスほど認知が高い印象だ。その一方、利用率となると、ネットバンキング(PC) …

 破壊と創造を生み出すブロックチェーン
参考元:ITpro

ブロックチェーン(Blockchain)とは、暗号技術とP2P(ピアツーピア)ネットワーク技術を応用し、データの改ざんを困難にした分散型の記録管理技術のこと。中央集権的な … インターネット上で流通する仮想通貨であるBitcoinは、中央銀行に相当する仕組みを持っていない。市場に …

 あのメガバンクが有望視するFinTechとは?
参考元:ZUU online

仮想通貨であるビットコインでも採用されているブロックチェーンを使って、顧客情報の管理などの効率化を目指す姿勢だ。 具体的には、金融機関では、新規口座開設時の顧客の身元確認、書類手続など、KYC(Know Your Customer)業務に膨大なコストと人員を費やしており、その効率化・自動化が共通課題となってい …

 仮想通貨掘削ウエアの割引を提供=米pHマイナーズ〔GNW〕
参考元:時事通信

【グローブニューズワイヤ】米pHマイナーズ社(ニューヨーク)が提供する2種類の新型クリプトカレンシー(仮想通貨)マイナー(マイニング、つまり掘削用の装置)は、グローバル市場で最も人気の高い二つのサイバー通貨(ビットコインおよびライトコイン)用に開発された製品だ。

 FinTech企業時価総額ランキング 設立10年以内のスタートアップが並ぶ
参考元:ZUU online

米ニューヨーク・タイムズ紙が発表した、FinTech主要企業の時価総額から、今回は個人資産管理、融資、決済の分野をまとめてみた。PaypalやEnvestmentなど4社を除いて、ここ10年以内に設立されたスタートアップが圧倒的に多いようだ。 昨年までの「猫も杓子もFinTech」 …

 フィンテックが脅かす25万人の雇用、欧州保険業界の4分の1にリスク
参考元:ブルームバーグ

人間の仕事をソフトウエアにさせる取り組みを欧州の保険業界が加速させている。利益押し上げのためにコスト削減と自動化の重要度が増している。 チューリッヒ・インシュランス・グループは2018年末までに少なくとも10億ドル(約1080億円)の経費節減を目指しており、約8000 …

Scroll to Top