ビットコインが利用しやすい世界の11都市 他3記事

ビットコインが利用しやすい世界の11都市
参考元:ZUU online

ビットコイン・フレンドリーな世界の11都市ランキング」が発表された。上位を含めた7都市が米国。そのほか英国、オランダ、豪州、アルゼンチンの首都がランクインしたが、アジア諸国からの都市はなかった。 ランキングは、ビットコインの無料オープンソース「Coinmap」のデータに …

 

MS、R3コンソーシアムとの戦略的提携を発表–ブロックチェーンサービスの強化に向け
参考元:ZDNet Japan

ブロックチェーンは、仮想通貨であるBitcoinを支える技術だ。ブロックチェーン … また同社は暗号技術に基づく分散型台帳ソフトウェアを手がけるRippleと提携し、UBSやCredit Suisseを含む11の金融機関とブロックチェーン技術の実証作業を進めてきている。 さらに、同社は1 …

 

韓国経済ウォッチ~なぜフィンテックに注目が集まるのか(後)
参考元:NET-IB NEWS

そのほかに、フィンテックの本命とも言われている「仮想通貨」を使えば、今までのような高い手数料や、銀行を介在しなくても送金ができるようになる。 しかし、今までの既得権を握っている金融機関が、黙って市場を渡すわけがない。フィンテックが今後どうなっていくのかは、それ …

 

FintechベンチャーのFinatext、トムソン・ロイターと提携して市場動向解析コンテンツの共同開発を始動!
参考元:PR TIMES (プレスリリース)

2014年設立Fintechベンチャーの株式会社Finatext(本社:東京都千代田区、代表取締役:林良太、以下「Finatext」)は、トムソン・ロイター・マーケッツ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:富田秀夫、以下「トムソン・ロイター」)と提携し、国内外の金融機関及び個人投資家 …

Scroll to Top