Litecoin 

Litecoin(ライトコイン)はBitcoinが公開されてから数年後の2011年10月7日に公開されました。 その特徴(違い)は発行枚数が8,400万枚とBitcoinの4倍あり、確認時間(承認時間)が約2.5分とBitcoinの4分の1である事です。

 その他にも特徴はありますが、『暗号通貨』のページの下部に一覧表がありますので、そちらをご覧ください。 また、Litecoinの内容についても纏められたPVが公開されていますので、ご覧ください。

 いかがでしたでしょうか!? 私達が最初に見た際には、ポイントが分かりやすく纏められたと感じる内容でした。 また、Bitcoinを考案した人物は特定できていませんが、Litecoinを考案した人物は特定できています。

 元Googleのエンジニアであり、中国最大の取引所であるBTCチャイナCEOの弟でもある、チャーリー・リー氏(Charlie Lee)です。 そしてリー氏は、とあるインタビューの中で、Bitcoinが有るにも関わらず、何故Litecoinを公開したのか、そしてLitecoinをどの様な位置付けで皆さんに使ってもらえればと考えているのかなどを語っています。 そのインタビューがこちらです。

 
 この中でリー氏は「ビットコインとライトコインは競合するものではありません。確認が長いビットコインは高額な買い物に、確認が短いライトコインは日常的な買い物に使うことで住み分けができると考えている」と語っています。 今や、暗号通貨の種類は相場を確認できるもので700種類に迫ろうとしています。そして、それらの暗号通貨は様々な想いから創られているようです。  

What is peercoin ?

Litecoin official site.

暗号通貨技能検定 初級編