協会5周年記念 サーキットセミナー

協会設立5周を年記念して、今まで開催したことの無かった都道府県の各地域にて「暗号通貨技能検定(初級編)」を開催いたします。

主に都市部での開催であったため、なかなかリピート受講(協会員の方は受講料無料)に参加できなかった方も、最新の初級検定講座にご参加ください。

初開催の地域は、非常に残席が限られておりますので、お早めにお申込みいただけたら安心です。申込後、受講検定料の入金確認順に受講枠を確保し、テキストを発送いたします。

開催都道府県一覧

太字は、初開催の地域です

9月28日 大阪市北区曽根崎新 1230~1800
9月28日 東京中央区八丁堀 1200~1730
9月29日 沖縄県那覇市内 1200~1730
9月29日 新潟長岡市表町 1230~1800
10月5日 熊本県熊本市内 1100~1630
10月6日 大分県大分市内 1330~1900
10月12日 広島県広島市中央区内 1200~1730
10月12日 千葉県千葉市内 1200~1730
10月13日 埼玉県さいたま市内 1200~1730
10月13日 香川県高松市内 1200~1730
10月19日 神奈川県横浜市内 1200~1730
10月19日 福岡県福岡市内 1200~1730
10月20日 鹿児島鹿児島市内 1200~1730
10月20日 静岡県浜松市内 1300~1830
10月26日 福井県福井市西木田 1330~1800
10月27日 愛知県岡崎市内 1200~1730
10月27日 沖縄県石垣市内 1200~1730
11月2日 東京都中央区八丁堀 1200~1730
11月3日 茨城県つくば市内 1200~1730
11月3日 北海道札幌市内 1200~1730
11月9日 宮城県仙台市内 1200~1730
11月10日 福島県郡山市内 1200~1730

主に都市部での開催であったため、なかなかタイミングが合わせられなかった皆様。

この機会に、お金の本質と暗号資産(仮想通貨)システムの本質を同時に学ぶことができる初級検定講座へお越しください。

暗号通貨技能検定(初級編)は、ブロックチェーンに精通した業務を行っているプログラマーやエンジニアの方々からも支持されている検定資格です。なぜなら、難しく分かりにくい技術用語や単語を明確に理解し、「どの様な例え話を用い、他者へ伝えることができるのか!?」を知れる、日本で唯一の検定講座だからです。

講座は「お金について」を含め、1から重要な項目を前編後編合わせて3.5時間の中で、しっかりと学ぶことが出来る内容になっていますので、「興味はあるけれど講座についていけるのか、少し心配」という方であっても、安心して受講いただけます。

日々の生活や仕事はもちろん、ビジネスや新たなチャレンジにも役立つ資格であるため、他の受講生の皆様とともに、しっかりと仮想通貨システムおよびブロックチェーンの理解を深めていただけたら幸いです。

受講で得られる『7+3の学びと活動』
  • 学び①:お金の本質、仮想通貨システムの本質
  • 学び②:ブロックチェーンの活用事例
  • 学び③:キャッシュレス化の現状と未来
  • 学び④:フィンテックの可能性
  • 学び⑤:情報共有(分散型台帳技術)の重要性
  • 学び⑥:企業ではなく「あなた」が活躍する時代
  • 学び⑦:ブロックチェーンが創造する未来
  • 活動①:伝え方のスキルアップとコミュニケーション能力を向上する
  • 活動②:SDGsの達成に向けた仮想通貨システムの活用を伝える
  • 活動③:公認暗号通貨技能アドバイザーとして各地で講座を開催する

本質を学び活かすことができる、暗号通貨技能検定(初級編)とは!?
↓↓↓
blank

Scroll to Top