Bitcoin_accepted_here

Bitcoinとは2009年1月3日に『ブロックチェーン(Block Chain)』と言う仕組みを使い公開された世界初の暗号通貨です。 これは2008年に暗号技術の掲示板サイトへSatoshi Nakamoto(サトシ・ナカモト)と言うハンドルネームを持つ人物が発表した論文が事の始まりでした。

Satoshi Nakamotoと言うネーミングを見ると、この人物は日本人であると考えがちですが、掲示板に書き込んでいた英文の内容は完璧な英語を使いこなしていたため、日本国籍の人物ではないのではないかという憶測も飛び交いました。

Bitcoinは企業や政府が発行している紙幣や貨幣では無いため、国や人種に関係無く、誰とでも何時でもインターネットを通じてBitcoinの受渡しが可能です。誰もがその仕組みを活用し様々なビジネスも起業できます。

発行枚数が2,100万枚と限られているため、Bitcoinは鉱物の『金』に置き換え説明される事もあります。金は地球上に「限られた数量しか無く、偽造が困難で、細かく分ける事ができ、多くの精密機械にとって無くてはならないモノ」だからです。同様にBitcoin「限られた数量しか無く(2,100万枚)、偽造が困難(Block Chain)、細かく分ける事ができ(小数点8桁)、多くの海外送金活用者にとって非常に助かるモノ」だからです。 よって、Bitcoinのシステムを利用し現金をBitcoiと交換し入手する事ができる交換所のビジネスも立ち上がりました。

結果、より多くの人々がBitcoinを必要とすればBitcoinの価値が上がり現金に戻せば利益が出るため、送金や決済としての利便性が見出されて来きたBitcoinは投資対象としても人々の注目を集める事になりました。 では、Bitcoinとはどの様なモノでどの様な利便性があるのでしょうか? そして、どの様な活用方法があるため、世界中の人々が注目し始めたのでしょうか? それでは、それが纏められたPVが公開されていますので、ご覧ください。

いかがでしたでしょうか? んっ?早すぎてよく分からなかった!? はい、その通りですね。我々も初めて見たときは、何を言っているのか読み取れませんでした。しかしながら、分からずしもワクワクした事を今でも覚えています。 そして、Bitcoinを知る上で、外す事のできない仕組み、それが『マイニング(mining:採掘)』です。 では、マイニングについて詳しく説明しているPVがありますので、こちらも一度ご覧ください。

いかがでしたでしょうか? んっ?ますます分からなくなった!

はい、その通りですね。我々もますます分からなくなりましたから、皆さんのお気持ちはとても良く分かります。しかしながら、ワクワクした気持ちは増す一方だった事を今でも覚えています。

暗号通貨全般に言える事ですが、Bitcoinを知ろうとすると、どうしても初めて聞く専門用語の1つや2つに出会う事になりますが、せっかく興味を持ったとしても、その事が理解できないために思考回路が停止してしまいがちです。 よって、興味を持たれた皆さんが、まず大切にする事は「知ろうとする事よりも経験する事」が大切だと考えます。

Bitcoinをはじめとする暗号通貨の利便性は、『暗号通貨とは』でも述べましたが、 ①24時間365日送金や着金ができる ②銀行を通さず企業や個人と直接取引できる ③送金手数料が安く、国内・海外ともに手数料が変わらない 、この3つです。実際にBitcoinを使ってみると、この3つを実感頂けると思います。

使用するには、スマートフォンのAppストアやGoogleプレイストアの中にある専用のアプリをダウンロード(無料)する事により使う事ができますので、一度ダウンロードする事から始めてみてはいかがでしょうか!? アプリのダウンロードから実際に使える様にするための流れについては、『ウォレット』をご覧いただければ分かりやすいかと思います。

Bitcoinとは世界中の人々の生活の一部をより便利で安全な日常に変えるアイテムとなりつつあります。何故ならば、皆さんが一度は聞いたことがある企業が、Bitcoinを自社の決済システムに取り入れたり、Bitcoinの仕組みを活用するベンチャー企業に投資したりと、その動きは年々増加しています。 settlement_company

 

今や、これらの企業が、Bitcoinの未来に可能性を感じ多額の出資や投資を行っています。きっとあなたも数年後は、Bitcoinから始まったシステムの恩恵を受けているかもしれませんね。 また、日本では決済導入している店舗は世界の先進国に比べると少ないのが現状ですが(2014年8月)、確実に増加傾向にあると言えるでしょう。では、世界の決済導入の状況を見てみましょう。

下記のサイトはBitcoin決済を導入している企業数や店舗数の情報が時系列(2013年~現在)でわかる『CoinMap』というサイトです。登録は有志で行われているため、以前は決済導入していたが、現在は行っていなかったり、決済導入しているがMapには掲載されていなかったりする企業や店舗も存在しますが、世界的な決済導入の傾向を見るには便利なサイトだと言えます。

coinmap_2015_09

https://coinmap.org/

いかがでしたでしょうか?

この様に、少しずつではありますが、確実にBitcoinは世界的に広がりを見せつつあります。日本には毎年のように世界中から観光客が訪れており2014年では約2000万人が訪れています。

そして、2020年の東京オリンピックに向けて、その数は確実に増加傾向にあると言えるでしょう。 世界中の人々の生活にはBitcinおよびBitcoinのシステム(ブロックチェーン)がこの数年で日常に溶け込みつつあります。そうなれば、この日本でもその傾向は例外ではありません。 「What is Bitcoin」この言葉が数年後には「This is Bitcoin」に変わる日も近いのではないでしょうか? そう、最初は怪しいと誰からも警戒されていた、インターネットと同じように、、、

What is Litecoin ?

Bitcoin official site.