米国上院議員

・米国上院議員、少額の暗号通貨取引を非課税にする法案を推進

はじめまして、当協会代表理事の山下健一@Kenichi_Y)です。

 

今回は、暗号通貨取引において嬉しい内容をお届けします。

 

それでは、本文をご覧ください。

米国の著名な上院議員は、暗号通貨が取引されるたびに税金を追跡することからアメリカ人を解放しようとしており、50ドルまでの取引や50ドル未満の収入を得た取引の報告を免除する法案を提出しました。

パトリック・トゥーミー上院議員(共和党)は、カーステン・シネマ上院議員(民主党)と共に、少額の投資や購入を行う暗号通貨利用者の課税対象から除外することを推進した。

彼らの暗号通貨税公正化法は、以前下院で提出された同様の取り組みと一致します。低レベルの取引を税金の心配から取り除くというアイデアは、上院議員のシンシア・ルミス(共和党) とカーステン・ギリブランド(D-N.Y.) が今年提出したより包括的な法案を含め、他の場所でも登場している。

「デジタル通貨はアメリカ人の日常生活の一部になる可能性を秘めているが、現在の税法が邪魔をしている」とトゥーミー氏は述べた。彼は、このセッションの終わりに上院を引退する前に、複数のトラックで暗号業界を支援しようとしています。

最新の法案は、人々が 「コーヒーを買うような小さな個人的な取引を非課税にすることで、日常の支払い方法として暗号通貨をより簡単に使用できるようにする 」ものです。

内国歳入庁は、確固たる暗号政策をとっている。「暗号通貨を売却した場合、その売却益または売却損を認識しなければならない」と、IRSはウェブサイトで宣言している。

この基準が、米国で暗号通貨を代替決済手段として利用する際の障害になっていると、業界の支持者たちは主張しています。

ワシントンの暗号政策シンクタンク、コインセンターのエグゼクティブディレクター、ジェリー・ブリトー氏は、「これは、小売決済、定期購入サービス、マイクロトランザクションへの暗号通貨の使用を促進するだろう」と述べた。

もっと重要なのは、ネットワークが、今日、ユーザーにコンプライアンス上の摩擦を負わせる小さな取引手数料に依存しているので、一般的に分散型ブロックチェーン・インフラの開発を促進することです。

しかし、中間選挙前の8月の長期休会目前の議会では、この新法案は厳しい試練に直面しています。

ステーブルコインを規制する取り組みに若干の動きがあるものの、議会関係者の多くは、来年まで暗号通貨が立法で大きな進展を見せることはないだろうと予測しています。

原文|https://www.coindesk.com/policy/2022/07/26/us-senators-push-bill-to-make-small-crypto-transactions-tax-free/

初級検定講座

暗号通貨技能検定のお知らせ

こんな想いの方々が受講されています

  • 暗号通貨やブロックチェーンについて、知識の有無にかかわらず興味関心がある。
  • 同一労働・同一賃金が施行された中、資格を得て他者との収入に違いを出したい。
  • 自社のビジネスにブロックチェーン技術がどの様に導入できるのかを知りたい。
  • SDGsの目標達成に対し、ブロックチェーン技術がどの様に関係していくのかを知りたい。
  • 暗号通貨の正しい知識をもち、どの暗号通貨に注目したらよいのか等の明確な判断力を付けたい。
  • 暗号通貨の始め方や取り扱いを覚えたいが、書店に並んでいる本やYoutubeを見ても理解が進まない。
  • 講師としての資格を取得し、より多くの方々へ暗号通貨の思想やブロックチェーン技術の概念を伝えたい。
初級検定講座

投稿者プロフィール

JCCA 編集部
JCCA 編集部スタッフ
JCCA 編集部は、協会主催の様々なイベントや講座、暗号通貨システムやブロックチェーン技術に関する時事ニュースなどを含め、例え話を用い初心者の方にもわかりやすく解説してまいります。/暗号通貨の『普及活動』、それが子供達の笑顔を創造する。