貯蓄から投資

貯蓄から投資へシフトする為に給与口座から始めよう

暗号資産ニュース|ウォーミングアップコラム

給与口座から始める? 貯蓄から投資 
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB100HF0Q1A510C2000000/

サラリーマンの皆さんは、給与振込口座をどの銀行にされているでしょうか。一昔前であれば、銀行の利息の利率はほとんど横並びでしたが、現在は都市銀行とネット銀行の利率には大きな差が生じています。普通預金口座にお金を預けたままでは、あなたのお金の価値は、実質的に減っていく時代です。

マスク氏「暗号資産を支持」 ツイッターに投稿
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN224WT0S1A520C2000000/

マスク氏の様なビリオネアからすると、法定通貨も仮想通貨も高額商品であれば、価値を交換する手段としての利便性にはさほど変わりは無いでしょう。よって、より自由な通貨である仮想通貨を支持することは、時代の流れではないかと感じます。

テーパリング相場の号砲 仮想通貨急落は前ぶれ
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCD20AF80Q1A520C2000000/?unlock=1

テーパリングとは、中央銀行の量的金融緩和の縮小の事を意味します。コロナ禍で世界的な量的金融緩和が行われたけれど、それをモノやサービスの消費に充てることなく、投資運用へ資金が流れたことにより、株価や仮想通貨の価格は上昇しました。テーパリングを行わなければ小さな泡が大きな泡となり破裂する事を警戒しているのでしょう。

ドミノピザのフランチャイズ店、給与支払いにビットコイン導入
https://jp.cointelegraph.com/news/domino-s-pizza-franchises-in-the-netherlands-will-offer-workers-bitcoin-salary

給与受取りの原資にビットコインを選択できるというのは、お洒落な選択肢です。個人がマイニングでビットコインを得られなくなったいま、取引所で手数料を支払い法定通貨をビットコインに変える必要があります。ビットコインを資産として保有したい人からすると、仲介手数料を取られることなく、その事に時間を取られることが無いというのは、メリットが大きいと感じます。

仮想通貨取引所ビットメックス、カーボンニュートラルとなる取り組みを実施へ
https://jp.cointelegraph.com/news/bitmex-pledges-to-go-carbon-neutral

テスラのビットコイン決済導入からの決済停止を受けて話題になったPoWに伴う電気消費量。そんな中での、仮想通貨関連企業によるカーボンニュートラルへの取り組みのニュースは、非常に意味があります。広告宣伝の一環であったとしても、これも一つのESG投資に繋がる流れであることは間違いないでしょう。

初心者にもわかるビットコイン、ゴールドと比較して解説
https://coinpost.jp/?p=228133

この記事は、NBA選手による記事ですが、視点はエンジニアではない為、筆者を含めた一般人からすると読みやすくためになります。やはり、仮想通貨の理解を深めたい場合は、法定通貨や金などの金融資産を学ぶ事が非常に大切です。

初級検定講座

暗号通貨技能検定のお知らせ

こんな想いの方々が受講されています

  • 暗号通貨やブロックチェーンについて、知識の有無にかかわらず興味関心がある。
  • 同一労働・同一賃金が施行された中、資格を得て他者との収入に違いを出したい。
  • 自社のビジネスにブロックチェーン技術がどの様に導入できるのかを知りたい。
  • SDGsの目標達成に対し、ブロックチェーン技術がどの様に関係していくのかを知りたい。
  • 暗号通貨の正しい知識をもち、どの暗号通貨に注目したらよいのか等の明確な判断力を付けたい。
  • 暗号通貨の始め方や取り扱いを覚えたいが、書店に並んでいる本やYoutubeを見ても理解が進まない。
  • 講師としての資格を取得し、より多くの方々へ暗号通貨の思想やブロックチェーン技術の概念を伝えたい。
初級検定講座
Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on tumblr
Share on telegram
Share on email

コインチェック

Scroll to Top