カルダノ(エイダコイン)はエコで早く便利

暗号資産ニュース|ウォーミングアップコラム

大荒れの暗号通貨市場で注目の「省エネコイン」、カルダノの実力
https://forbesjapan.com/articles/detail/41352

ビットコインのマイニングに伴う消費電力が話題になっています。テスラがビットコインを購入した直後、株価が下落した時点で世の中の動向がハッキリと分かりました。SDGsを意識した生活や情報を見る観点が養われていると、予測できた自体だと言われています。

日銀の黒田総裁、ステーブルコインは「便利な決済手段になり得る」
https://jp.cointelegraph.com/news/the-governer-of-bank-of-japan-said-stable-coin-could-be-effective-payment-measure

仮想通貨に関する黒田総裁や麻生大臣のコメントが、以前よりも目に入る様になってきました。中央銀行デジタル通貨(CBDC)の良い点は、国側からすると通貨の流れを把握しやすい点にあります。個人的には、仮想通貨は非中央集権であるからこそ仮想通貨なのであって、CBDCは仮想通貨ではないと思うのです。

ビットコイン下落──マスク氏がテスラのBTC決済停止をツイート
https://www.coindeskjapan.com/108500/

イーロンマスク氏の発言により、仮想通貨のボラティリティーが一層激しくなっています。最近、仮想通貨を購入された方は、ヒヤヒヤされたのではないでしょうか。しかし、本質を知ると下がった時に何をすればよいか、日ごろからどの様な購入方法がベストなのか、理解が深まります。
>テスラがビットコイン決済を停止した理由 https://japancryptocoin.org/2021/05/13/tesla_bitcoin/


Facebookのディエム、シルバーゲート銀と提携──米ドル連動ステーブルコイン発行で

https://www.coindeskjapan.com/108496/

Facebookの方向性が、ようやく軌道に乗り出したとみて間違いないでしょう。そんな中、こう考えると新たな視点に繋がります。それは、Facebookの中でステーブルコインが使える様になったら、Facebook経済圏が出来てしまい、法定通貨を使う機会がますます減るということ。世界が注目しています。

GMO、ビットコインの取引所取引シェアで国内トップ、4月単月で
https://www.coindeskjapan.com/108699/

GMOコインはCMにも力を入れていますが、それよりも顧客視点でのトレード方法が喜ばれているのだと思います。この視点を知らない方がまだまだ多い状況ですが、手数料は塵も積もればなんとやら。取引所と販売所の違いは、最低でも理解を深めておきましょう。

初級検定講座

暗号通貨技能検定のお知らせ

こんな想いの方々が受講されています

  • 暗号通貨やブロックチェーンについて、知識の有無にかかわらず興味関心がある。
  • 同一労働・同一賃金が施行された中、資格を得て他者との収入に違いを出したい。
  • 自社のビジネスにブロックチェーン技術がどの様に導入できるのかを知りたい。
  • SDGsの目標達成に対し、ブロックチェーン技術がどの様に関係していくのかを知りたい。
  • 暗号通貨の正しい知識をもち、どの暗号通貨に注目したらよいのか等の明確な判断力を付けたい。
  • 暗号通貨の始め方や取り扱いを覚えたいが、書店に並んでいる本やYoutubeを見ても理解が進まない。
  • 講師としての資格を取得し、より多くの方々へ暗号通貨の思想やブロックチェーン技術の概念を伝えたい。
初級検定講座
Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on tumblr
Share on telegram
Share on email

コインチェック

Scroll to Top