暗号資産の波

暗号資産規制の波を恐れる必要なし 他5記事

暗号資産ニュース|ウォーミングアップコラム

来るべき暗号資産規制の波を恐れる必要はない【オピニオン】
https://www.coindeskjapan.com/107625/

インターネットは世界中の情報を共有する事を念頭に商業化の道へと進みました。しかしながら、富を持つものがルールを作り情報を操作し今日に至ります。ビットコインの誕生は、インターネットが掲げた理想を具現化する可能性を秘めているのです。

ビットコインのアップグレード「タップルート」が重要な理由
https://www.coindeskjapan.com/108046/?utm_source=twitter&utm_medium=ifttt

タップルートで向上することは大きく4つです。プライバシーの向上、手数料の削減、柔軟性の向上、ライトニングネットワーク強化。ビットコインのアップグレードは仮想通貨業界だけでなく金融業界全体にも大きなインパクトを与えます。

仮想通貨チャリティが台頭 イーロンゲートとMunchが数百万ドルを調達
https://jp.cointelegraph.com/news/the-rise-of-crypto-charities-elongate-and-munch-raise-millions-for-various-causes


仮想通貨と寄附や募金の愛称は非常に良いのです。筆者自身もビットコインを知り最初に感じたのは、いつでも、どこにでも、誰にでも、時間に関係なく、送金ができるという利便性でした。

株式トークン化の未来は訪れるか──世界経済フォーラムが最新レポートを公開
https://coinpost.jp/?p=243382


よく、ブロックチェーン(分散型台帳技術)という表記を目にしますが、正しくは分散型台帳技術の一部としてブロックチェーンが動いているというイメージが正しいでしょう。

PayPalが独自のステーブルコイン発行を調査
https://hedge.guide/news/paypal-to-develop-original-stablecoin-bc202105.html


2016年ごろまでは、決算会社を含む金融業界はビットコインや仮想通貨をならず者と表現していましたが、その様な時代は完全に終わったようです。

松井証券の評判・口コミ|メリット・デメリットを徹底解説
https://fisco.jp/media/matsuisec-about/


松井証券では仮想通貨の売買は出来ませんが、YouTubeなどにも力を入れトレードの基本的な知識を学べるツールなどが多くあります。まずは、YouTubeを視聴してみてはいかがでしょうか。

初級検定講座

暗号通貨技能検定のお知らせ

こんな想いの方々が受講されています

  • 暗号通貨やブロックチェーンについて、知識の有無にかかわらず興味関心がある。
  • 同一労働・同一賃金が施行された中、資格を得て他者との収入に違いを出したい。
  • 自社のビジネスにブロックチェーン技術がどの様に導入できるのかを知りたい。
  • SDGsの目標達成に対し、ブロックチェーン技術がどの様に関係していくのかを知りたい。
  • 暗号通貨の正しい知識をもち、どの暗号通貨に注目したらよいのか等の明確な判断力を付けたい。
  • 暗号通貨の始め方や取り扱いを覚えたいが、書店に並んでいる本やYoutubeを見ても理解が進まない。
  • 講師としての資格を取得し、より多くの方々へ暗号通貨の思想やブロックチェーン技術の概念を伝えたい。
初級検定講座
Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on tumblr
Share on telegram
Share on email

コインチェック

Scroll to Top