ESG-SDGS

SDGSとESG、地球環境の為の投資と人間的な活動

ESG投資に注目が集まる訳とは

皆さん ESG 投資という言葉を聞いたことはあるでしょうか。SDGs と同様に注目されている言葉です。2015年にSDGsが国連で採択されて以降、 ESG 投資はますます注目を集めています。なぜなら、環境問題など経済活動のあらゆる場面で持続可能性が問われるようになっているからです。

 

今回は、ゴールドマンサックスのサステナブル金融責任者である、ジョン・ゴールドスタイン氏のお話を引用し、個人的な考えもお伝えしたいと思います。

 

2020年早々、新型肺炎の拡大が世界経済に深刻な影響を与えつつあり、金融市場にも不透明感が強まっているということに対し、ジョン氏こう答えています。

新型肺炎の問題で明らかになったのは、我々(の経済活動)はすべてつながっているという現実だ。世界規模の問題については、グローバルな解決策が非常に重要であることも改めて分かった

出典 日本経済新聞

このことについては本当にその通りだと考えています。何故なら、既に現段階では、「中国に渡航したことがない人が感染している」という状況が広がってきているためです。

被害は世界規模でみる必要がある

次の同士は下記のようにも述べています。

日本の台風被害も世界規模の問題の一コマだし、私が暮らすカリフォルニアの森林火災もそうだ。子供が学校に行けなくなるなど生活への影響は甚大だ。『インクルーシブ・グロース』と呼ばれる万人のための経済成長を目指す必要があると人々は感じている

出典:日本経済新聞

こういった問題解決の一助に必要なのが、ESG 投資です。今やその残高は、30兆ドル(約3300挑戦しているところを円)を上回っており、ESG マネーは今後も着実に拡大していくと予測されています。

 

ESG 投資は世界の環境変化を折り込み投資のリスクとリターンを考え直そうという投資です。リスク調整後の収益極大化の対象は広範囲に及ぶようになり、上場株式への投資だけでなく、非上場株式や債券・不動産といった資産にも多くの ESG マネーが流れ込むようになるでしょう。

 

欧州のヘッジファンドの中には、企業の ESG 評価の高低の差に着目した、裁定取引を試す動きもあります。

ESG投資の本質とは何か

私個人としては ESG 投資を通して地球環境問題を知り、異常気象に意識が向かう人たちが増えることは非常に嬉しいと感じます。

 

そんな中、投資に対するリターンを現在までの資本主義経済のように、お金を求めるだけであれば、ESG 投資が様々な問題解決につながることは難しいと考えます。

 

リターンの喜びがお金だけではなく、貧富の差を無くすといった行為に役立った事などを喜びと感じ、その事実を投資のリターンとして考えられる投資家を増やすことが、重要ではないかと考えます。

 

お金とは本来、物々交換する際に使う便利なアイテムです。それ以上でもそれ以下でもありません。資本主義経済の中では、お金をたくさん持つことにより選択肢も広がります。よって、そのお金を「どのような行為に使うのか、どのような選択肢を選ぶ際に使うのか」が問われる時代です。

 

私たちは、今の子供たちが20年後、30年後に、生まれてきた喜びや、生きる事の楽しさを心から感じられる世の中を繋ぐ責任があります。そして、その様な世界を会員の皆さんと共に創造していきたいなと感じます。

 

当協会は今後、会員の皆さんの収益を増やすことと社会貢献を同時に達成できる仕組みを構築し、今まで以上に、「質の高い教育をみんなに」を推進して参ります。

初級検定講座

暗号通貨技能検定のお知らせ

こんな思いの方々が受講しています​

  • 様々な情報が飛び交っていて何が正しいのか分からない
  • 書店に並んでいる本やYoutube動画を見ても理解が深められない
  • 同一労働・同一賃金が施行された為、資格を得て収入に違いを出したい
  • 仮想通貨がどの様に活用されていくのかを知りたい
  • 自社のビジネスにブロックチェーン技術がどの様に導入できるのか知りたい
  • 新しい技術がこれからの社会経済をどのように変化させて行くのか興味がある
  • SDGs×ブロックチェーン技術の研究が世界で話題になっている本当の理由を知りたい
初級検定講座
Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on tumblr
Share on telegram
Share on email
Scroll to Top