小さな「海のエコラベル」を選んで、大きな海を守ろう~キャンペーン開催中~

小さな「海のエコラベル」を選んで、大きな海を守ろう~キャンペーン開催中~

目次

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、小さな「海のエコラベル」を選んで、大きな海を守ろう~キャンペーン開催中~、という話題を取り上げてみたいと思います。

MSC「海のエコレベル」とは

海のエコラベルとは、MSC(Marine Stewardship Council:海洋管理協議会)の厳正な認証規格に適合した漁業で獲られた持続可能な水産物にのみ認められる証で、通称「海のエコラベル」と呼ばれています。

下のマークを見たことありませんか?

MSC 海のエコラベル

スーパーなどで海産物のパッケージを確認すると、貼ってあったりします。
身近なところで、ちょっと珍しい商品ではマクドナルドの「フィレオフィッシュ」にもこのマークがついています。

海のエコラベルについて説明した動画があるので、視聴してみてください。

この40年で世界の「魚」が半分に減ってしまったなんて衝撃的ですよね。

国連もSDGs達成に向け活用

SDGsの目標14は「海の豊かさを守ろう」です。

世界の海で水揚げされた魚のうち、約1000万トンがMSC認証によるもので、世界の天然魚漁獲高の約12%を占めています。

 

MSC認証を取得した漁業の数や水産物の量は記録されており、国連はこの数字を使って生物多様性を維持する目標の進捗確認をしているのです。

SDGS 14

まとめ

MSCは、6月8日の「世界海洋デー」を機に、「小さな『海のエコラベル』を選んで、大きな海を守ろう」というキャンペーンを世界規模で始めています。

期間は8月31日まで。
私は知らなかったのですが、人気キャラクター「しかるねこ」グッズや「海のエコラベル」つき製品があたります!

詳しい応募方法はこちらからご確認下さい。

 

こういった認証やサプライチェーンは、とてもブロックチェーンと相性が良い分野です。
改ざんがなく、透明性が高い、というメリットが存分に活かされることでしょう。

ブロックチェーンの「本質」を勉強したい方は、ぜひ暗号通貨技能検定を受講してみてくださいね!
初心者歓迎です。

初級検定講座

暗号通貨技能検定のお知らせ

こんな思いの方々が受講しています

  • 様々な情報が飛び交っていて何が正しいのか分からない
  • 書店に並んでいる本やYoutube動画を見ても理解が深められない
  • 同一労働・同一賃金が施行された為、資格を得て収入に違いを出したい
  • 仮想通貨がどの様に活用されていくのかを知りたい
  • 自社のビジネスにブロックチェーン技術がどの様に導入できるのか知りたい
  • 新しい技術がこれからの社会経済をどのように変化させて行くのか興味がある
  • SDGs×ブロックチェーン技術の研究が世界で話題になっている本当の理由を知りたい
初級検定講座
Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on tumblr
Share on telegram
Share on email
Scroll to Top