SBI北尾氏、経営近況報告会で国内初の「暗号資産ファンド」の設定を発表

SBI北尾氏、経営近況報告会で国内初の「暗号資産ファンド」の設定を発表

目次

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、SBI北尾氏、経営近況報告会で国内初の「暗号資産ファンド」の設定を発表、という話題を取り上げてみたいと思います。

国内初の「暗号資産ファンド」設定へ

SBIホールディングスは6月26日に開いた経営近況報告会で、「暗号資産ファンド」を立ち上げる方針を北尾吉孝CEOが自ら語りました。経営近況報告会の中で北尾氏は、国内初の「暗号資産ファンド」を匿名組合としてつくるとし、

「今、確実に機関投資家にとって暗号資産が金融商品として位置づけられるようになってきている」と述べています。

 

匿名組合とは、、当事者の一方(匿名組合員)が相手方(営業者)の営業のために出資をなし、その営業より生じる利益の分配を受けることを約束する契約形態をいう。つまり、営業者が匿名組合員から集めた財産を運用して利益をあげ、これを分配するのが匿名組合契約ということになります。

 

扱う暗号資産は、リップル・ビットコイン・イーサリアムが例として挙げられていますが、SBIはリップルのパートナー企業ということもあり、リップル中心の組合比率が予想されます。

新たな資金調達手段「STO」にも言及

また北尾氏は、STO(セキュリティトークンオファリング)についても、言及しました。

「ICO(イニシャルコインオファリング)は、詐欺的状況になってしまった。過ちを繰り返さない為に、法的にも整備された。」と述べ、具体例な挙げながらブロックチェーンの活用と有効性を解説しました。

まとめ

今月ないし来月にも、日本で第1号のSTOが始まるといった報道もありますが、時期については特に今回の報告会では言及されませんでした。

 

また、新たに株主優待の選択肢として暗号資産(仮想通貨)リップル(XRP)を追加したとも発表しています。

 

当日の模様は動画でも公開されています。

1:41:00あたりから「暗号資産ファンド」の説明をしています。

 

いよいよ新しい資金調達に方法であるSTOが間もなく始めることになります。
暗号資産の「本質」を理解するために、ぜひ暗号通貨技能検定の受講をお勧めいたします。
毎月オンラインで開催中!

初級検定講座

暗号通貨技能検定のお知らせ

こんな思いの方々が受講しています

  • 様々な情報が飛び交っていて何が正しいのか分からない
  • 書店に並んでいる本やYoutube動画を見ても理解が深められない
  • 同一労働・同一賃金が施行された為、資格を得て収入に違いを出したい
  • 仮想通貨がどの様に活用されていくのかを知りたい
  • 自社のビジネスにブロックチェーン技術がどの様に導入できるのか知りたい
  • 新しい技術がこれからの社会経済をどのように変化させて行くのか興味がある
  • SDGs×ブロックチェーン技術の研究が世界で話題になっている本当の理由を知りたい
初級検定講座
Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on tumblr
Share on telegram
Share on email
Scroll to Top