iPhoneが車の鍵になる!「デジタルキー」の可能性 | BMWが採用

iPhoneが車の鍵になる!「デジタルキー」の可能性 | BMWが採用

目次

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、iPhoneが車の鍵になる!「デジタルキー」の可能性 | BMWが採用、という話題を取り上げてみたいと思います。

iPhoneをドアに近づけるだけでロックが解除!

米アップルは2020年6月22日、世界開発者会議「WWDC2020」をオンライン開催し、iPhone用の新OS(iOS 14)やmacOSの発表などを行いました。

そのなかで、iPhoneがクルマのデジタルキーになる技術を導入したということも併せて発表した、とVAGUEが報じています。

 

下記に注目の機能をまとめてみます。

  • オーナーは最大5人までのiPhoneユーザーに対して、iMessageを送るだけでクルマを貸し出すことが可能
  •  デジタルキーを無効にしたり、制限をかけることも簡単にできる
  • 最高速度や馬力、ラジオの最大音量などを制限する設定が可能な「カー・アクセス・オプション」も用意
  • いずれはアップルウォッチも互換性を実現

デジタルキーの可能性

今回は車のドア解除などに使用するとのことだが、デジタルキーは❝ブロックチェーン❞と❝スマートコントラクト❞を使うことにより、可能性は無限に広がると思います。

 

例えばレンタカー。
契約で使用期間を決めておけば、その期間を過ぎれば自動的に車が使えなくなるとか、契約が自動的に延長され、使用した分だけ課金することもできるでしょう。

 

この考えは、民泊で部屋を貸す際にも応用できるはず。

 

これは、改ざんがなく透明性が高いブロックチェーンだから実現できるのです。

まとめ

この機能に最初に対応するのは、2020年夏に北米で発売される予定の2021年製BMW「5シリーズ」になるそうです。

もはやここまでくると、車を運転しているというより、パソコンが人間を運んでいるような印象にも受けますが、利便性は高まり、ビジネスとして応用できる可能性も色々広がるかと思います。

 

実際に使用したイメージ動画は以下のような感じです。

しかし、もしiPhone無くしたり壊したりしたらいったいどうやって車の鍵開けるんですかね~?
きっと何か方法があるんでしょうね。

初級検定講座

暗号通貨技能検定のお知らせ

こんな思いの方々が受講しています

  • 様々な情報が飛び交っていて何が正しいのか分からない
  • 書店に並んでいる本やYoutube動画を見ても理解が深められない
  • 同一労働・同一賃金が施行された為、資格を得て収入に違いを出したい
  • 仮想通貨がどの様に活用されていくのかを知りたい
  • 自社のビジネスにブロックチェーン技術がどの様に導入できるのか知りたい
  • 新しい技術がこれからの社会経済をどのように変化させて行くのか興味がある
  • SDGs×ブロックチェーン技術の研究が世界で話題になっている本当の理由を知りたい
初級検定講座
Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on tumblr
Share on telegram
Share on email
Scroll to Top