ブロックチェーンクーポンを発行し、景気対策を実施 | 中国南京市

ブロックチェーンクーポンを発行し、景気対策を実施 | 中国南京市

目次

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、ブロックチェーンクーポンを配布し、景気対策を実施 | 中国南京市、という話題を取り上げてみたいと思います。

ブロックチェーンクーポンでコロナ後の景気対策

2020年6月23日、中国の新浪財経は南京市で“ブロックチェーンクーポン”を発行し、コロナ後の景気対策を実施する、と発表しました。

既に6月中旬には、抽選などの方法により3億8千万元(約57億4千万円相当)分のブロックチェーンクーポンを配布しており、食料や公共交通機関・電気料金の支払いに使用できるだけでなく、ピザハットやカルフールなどが含まれる「南京大都市圏消費連合」も立ち上がっており、この連合には数百のブランドが参加しており、参加ブランドの商品の決済にも使用が可能だ。

 

今後はより消費回復を目指すため、10億元(約151億円相当)のブロックチェーンクーポンの発行も予定しているそうです。

まとめ

日本でも、「特別定額給付金」や「持続化給付金」の交付が始まっています。

こちらは、現金(法定通貨)で、指定の銀行口座に振り込まれます。

 

インフラの整備など色々問題はあるかと思いますが、せっかくなので日本でもこのような取り組みをやって欲しかったな、とは思います。

ある意味ベーシックインカムの検証実験にもなったかと思います。

初級検定講座

暗号通貨技能検定のお知らせ

こんな思いの方々が受講しています

  • 様々な情報が飛び交っていて何が正しいのか分からない
  • 書店に並んでいる本やYoutube動画を見ても理解が深められない
  • 同一労働・同一賃金が施行された為、資格を得て収入に違いを出したい
  • 仮想通貨がどの様に活用されていくのかを知りたい
  • 自社のビジネスにブロックチェーン技術がどの様に導入できるのか知りたい
  • 新しい技術がこれからの社会経済をどのように変化させて行くのか興味がある
  • SDGs×ブロックチェーン技術の研究が世界で話題になっている本当の理由を知りたい
初級検定講座
Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on tumblr
Share on telegram
Share on email
Scroll to Top