60%のビットコインはデジタルゴールドとして長期保有、一方20%は喪失?

60%のビットコインはデジタルゴールドとして長期保有、一方20%は喪失?

目次

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、60%のビットコインはデジタルゴールドとして長期保有、一方20%は喪失?、という話題を取り上げてみたいと思います。

2020年6月時点の調査結果

ブロックチェーンの取引分析などを手掛けるChainalysis(チェイナリシス)は、2020年6月時点におけるビットコインの状況を、カテゴリーに分けをし、公表しました。

chainalysis
出典:Chainalysis

上の表を解説していきます。

ビットコインの発行枚数は2,100万枚と決められており、2140年までかけてマイニング(採掘)されることになっています。

このルールは不変です。

 

2020年6月の時点では、約1,860万枚のビットコインがマイニングされています。

残りは240万枚。

表の一番右の青いグラフがそれにあたります。

 

一番左のオレンジのグラフは、これまでに受け取ったビットコインの25%を超えて売却をしたことが無い層を表しています。ビットコインをデジタルゴールドとして捉え、長期保有しています。長い目でみて、大きな利益を生むことが無ければ売却はしないと考えられます。10万円やそこら上がっても下がっても、一喜一憂なんかすることはないでしょう。この1,140万枚は、マイニングされたビットコインの約60%を占めています。

 

次に黄色のグラフですが、これが問題!

現在のウォレットから5年以上全く移動していない、ビットコインの総量です。

Chainalysisはこのビットコインを「失われたビットコイン」で表現しています。

いわゆる何らかの理由で、ウォレットにアクセスすることが出来なくなり、一生取り出すことができないビットコインです。

その量、370万ビットコイン。

本日のレートで3兆6千憶円以上!(桁数が多すぎて電卓からはみ出しましたよ~)

 

最後は、ピンクのグラフです。

こちらはトレードに使われているビットコインの総量です。

まとめ

なぜ、こんなに失われたビットコインが多いのでしょう?

原因として、

  • ウォレットのパスワードやPINコードを忘れた。
  • リカバリーフレーズを控えることなく、スマホを機種変更してしまった。

等が考えられます。

銀行預金であれば、暗証番号忘れても窓口に行けばなんとかなるとは思います。

 

しかし、ビットコインではそうはいきません。

逆説的にとらえれば、だから安全で改ざんの心配もブロックチェーンにはないのです!

 

頭に「?」がいっぱい出てきた方は、暗号通貨技能検定の受講をオススメ致します!

ビットコインやブロックチェーンの本質を、勉強することができます。

 

また、自分でウォレットを扱えるようになりたい方が、「プラクティス講習」がオススメです。

こちらは、現在準備中。

ローンチしたら改めてご連絡致します!

初級検定講座

暗号通貨技能検定のお知らせ

こんな思いの方々が受講しています

  • 様々な情報が飛び交っていて何が正しいのか分からない
  • 書店に並んでいる本やYoutube動画を見ても理解が深められない
  • 同一労働・同一賃金が施行された為、資格を得て収入に違いを出したい
  • 仮想通貨がどの様に活用されていくのかを知りたい
  • 自社のビジネスにブロックチェーン技術がどの様に導入できるのか知りたい
  • 新しい技術がこれからの社会経済をどのように変化させて行くのか興味がある
  • SDGs×ブロックチェーン技術の研究が世界で話題になっている本当の理由を知りたい
初級検定講座
Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on tumblr
Share on telegram
Share on email
Scroll to Top