イーサリアム財団から助成金を受けた日本企業が、高速処理アプリのα版(テスト版)をリリース

イーサリアム財団から助成金を受けた日本企業が、高速処理アプリ開発のフレームワークα版(テスト版)をリリース

目次

再生すると音声が流れます

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、イーサリアム財団から助成金を受けた日本企業が、高速処理アプリ開発のフレームワークα版(テスト版)をリリース、という話題を取り上げてみたいと思います。

 

株式会社Cryptoeconomics Labが開発

今回のフレームワークを開発したのは、日本企業では最多となる2度の開発助成金をイーサリアム財団から受けた実績がある、株式会社Cryptoeconomics Lab

中部電力と個人間電力取引に関する実証実験にも取り組んでいます。

 

イーサリアムは、最も社会実装の例が多いパブリックブロックチェーンでありながら、セキュリティ構造上、取引の処理スピードが遅く、大量のデータを同時処理できないなどの問題を抱えていました。

アプリケーション開発フレームワーク「gazelle」

そういった課題を解決するべく、株式会社Cryptoeconomics Labは、イーサリアム上で、処理スピードが速く、低コスト、高セキュリティなブロックチェーンアプリケーションを開発できるフレームワーク「gazelle」のα版(テスト版)のリリースすることになりました。

 

現在は毎秒20取引であるところ、「gazelle」を使用したブロックチェーンアプリケーションでは毎秒1,000取引まで引き上げられる可能性があり、更なる機能改善によりクレジットカードのVISA同様、毎秒24,000取引まで理論上は実現できるとのこと。

まとめ

少し難しい話になってしまうかもしれませんが、ブロックチェーンは非中央集権的なシステムでできています。
それ故、改ざんができないので、セキュリティも高くなるのです。

 

一方VISAに代表される大企業が採用しているシステムは中央集権的です。
だから、処理速度を高速にできたりもします。

 

しかし、これからは「分散化」がキーワードになってくるはずです。

 

ブロックチェーンと暗号資産(仮想通貨)には、技術的なことだけでなく、こういったエッセンスが詰まっています。

 

本質を知ることで、未来を見通せる力が身につきます。

暗号通貨技能検定で「本質」に触れてみてくださいね!

初級検定講座

暗号通貨技能検定のお知らせ

こんな思いの方々が受講しています

  • 様々な情報が飛び交っていて何が正しいのか分からない
  • 書店に並んでいる本やYoutube動画を見ても理解が深められない
  • 同一労働・同一賃金が施行された為、資格を得て収入に違いを出したい
  • 仮想通貨がどの様に活用されていくのかを知りたい
  • 自社のビジネスにブロックチェーン技術がどの様に導入できるのか知りたい
  • 新しい技術がこれからの社会経済をどのように変化させて行くのか興味がある
  • SDGs×ブロックチェーン技術の研究が世界で話題になっている本当の理由を知りたい
初級検定講座
Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on tumblr
Share on telegram
Share on email
Scroll to Top