オンライン講座の支払いを、暗号資産(仮想通貨)決済できるプラットフォーム「SmartSession」

オンライン講座の支払いを、暗号資産(仮想通貨)決済できるプラットフォーム「SmartSession」

目次

再生すると音声が流れます

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、オンライン講座の支払いを、暗号資産(仮想通貨)決済できるプラットフォーム「SmartSession」、という話題を取り上げてみたいと思います。

オンライン講座の決済コスト低減と荒らし行為を防止

昨今の新型コロナウイルスの流行で、今までは会場で開催していたイベントやセミナーを、オンライン講座に切りかえた企業や団体も多いかと思います。

 

当協会でも4月から新たに暗号通貨技能検定(初級編)のオンライン講座を新設し、大変好評を博しております。

今回紹介する「SmartSession」は、Zoomでのオンライン講座を実施する際に、イーサリアムブロックチェーンを使用し、決済コストの低減と荒らし行為を防止できるプラットフォームです。

 

開発したのは、イスラエルのブロックチェーン企業である「2key」。

SmartSessionを利用すれば、暗号資産(仮想通貨)決済を自動的に完了させるための受講生宛の独自アクセスリンクの作成がサポートされます。

 

決済に使用できる仮想通貨はイーサリアムのみですが、今後はビットコインによる決済も追加される予定とのこと。

仮想通貨決済を導入することにより、リアルタイムで決済ができ出金もすぐに出来る上に、決済手数料や銀行の手数料も軽減することもできます。

 

また、招待されていない人間がオンライン講座に潜入し、「荒らし行為」の被害も報告されています。

SmartSessionを使用すれば、招待リンクが分散化されるので、第三者の侵入を防げるとのこと。

まとめ

日本では先日、緊急事態宣言が解除されましたが、一度始めたオンライン講座を取りやめる企業や団体は少ないのではないでしょうか。

 

SmartSessionには、録画したオンライン講座を販売できる機能も備わっています。

また、参加した時間に基づいて課金することも可能です。

 

オンライン講座をやるだけで精一杯という方も多いかと思います。

ブロックチェーン?

イーサリアム?

分散化?

と、クエスチョンマークがいっぱいになっているかもしれませんね。

 

これらは、これからの時代を創っていく重要な思想であったり技術であることは間違いありません。

 

ぜひ、当協会の暗号通貨技能検定を受講して、その核心に触れてみてください!

 

初級検定講座

暗号通貨技能検定のお知らせ

こんな思いの方々が受講しています

  • 様々な情報が飛び交っていて何が正しいのか分からない
  • 書店に並んでいる本やYoutube動画を見ても理解が深められない
  • 同一労働・同一賃金が施行された為、資格を得て収入に違いを出したい
  • 仮想通貨がどの様に活用されていくのかを知りたい
  • 自社のビジネスにブロックチェーン技術がどの様に導入できるのか知りたい
  • 新しい技術がこれからの社会経済をどのように変化させて行くのか興味がある
  • SDGs×ブロックチェーン技術の研究が世界で話題になっている本当の理由を知りたい
初級検定講座
Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on tumblr
Share on telegram
Share on email
Scroll to Top