SDGs学習支援の「学習成果発表会」5月24日開催~金沢工業大学の学生団体~

SDGs学習支援の「学習成果発表会」5月24日開催~金沢工業大学の学生団体~

目次

再生すると音声が流れます。

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、SDGs学習支援の「学習成果発表会」5月24日開催~金沢工業大学の学生団体~

全国の小中高生対象にSDGsに関する学習支援を無償提供

金沢工業大学の学生団体「SDGs Global Youth Innovators(GYIs)」は、新型コロナウイルスの影響を受けて休校となった全国の小中高生を対象に、2020年3月9日からSDGsに関する学習支援を無償で提供してきました。

 

この学生団体GYIsは既報(STAY HOME for SDGs~おうちで取り組む17日間SDGsチャレンジ~)でも、お伝えした団体で、本当に熱心に学習支援などに取り組んでいて、とても素晴らしいです。

学習成果発表会を生配信

明日(5月24日)に開催される、「第1回SDGs学習支援 学習成果発表会」では、事前に一次審査で選定された6名の入賞者が発表を行うことが決まっています。

 

入賞者は、これまでに受けた講義やワークショップの内容を活かし、自分たちが実践してきたSDGsアクションを発表します。評価は、地球規模、バックキャスト、誰一人取り残さない、独自性、適応性の5つの基準により行われるとのこと。

第1回SDGs学習支援 学習成果発表会 概要

日 時:2020年5月24日(日)13:00~15:10
場 所:金沢工業大学 12号館4階イノベーションホール
形 態:成果発表会参加者はZoomでオンライン実施
その様子をYouTubeにて生配信(URL:https://youtu.be/SY5Is8taGnA
審 査:

【一次審査】

事前に提出された発表動画より、6件入賞者を選定

審査員:SDGs Global Youth Innovators
【二次審査】
審査員:会宝産業(第2回ジャパンSDGsアワード副本部長(外務大臣)賞受賞)、金沢工業大学(第1回ジャパンSDGsアワード副本部長(内閣官房長官)賞受賞)
【評価基準】
1.地球規模  2.バックキャスト  3.誰一人取り残さない  4. 独自性  5. 適応性

まとめ

金沢工業大学は、第1回ジャパンSDGsアワードで副本部長(内閣官房長官)賞を受賞しており、大学ぐるみでSDGsに取り組んでいることがわかります。

 

私たち日本クリプトコイン協会でも、「質の高い教育をみんなに」を実現するべく、国連もSDGs達成の為に推進するブロックチェーン技術についてなど、わかりやすく解説しています。
気になる方はぜひ「暗号通貨技能検定」を受講してみてくださいね。

1日で資格が取得できますよ!

初級検定講座

暗号通貨技能検定のお知らせ

こんな思いの方々が受講しています

  • 様々な情報が飛び交っていて何が正しいのか分からない
  • 書店に並んでいる本やYoutube動画を見ても理解が深められない
  • 同一労働・同一賃金が施行された為、資格を得て収入に違いを出したい
  • 仮想通貨がどの様に活用されていくのかを知りたい
  • 自社のビジネスにブロックチェーン技術がどの様に導入できるのか知りたい
  • 新しい技術がこれからの社会経済をどのように変化させて行くのか興味がある
  • SDGs×ブロックチェーン技術の研究が世界で話題になっている本当の理由を知りたい
初級検定講座
Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on tumblr
Share on telegram
Share on email
Scroll to Top