大和証券グループとクレディセゾンの合弁会社が「デジタルアセット担保ローン」の提供開始

大和証券グループとクレディセゾンの合弁会社が「デジタルアセット担保ローン」の提供開始

目次

再生すると音声が流れます

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

 

本日は、大和証券グループとクレディセゾンの合弁会社が「デジタルアセット担保ローン」の提供開始、という話題を取り上げてみたいと思います。

デジタルアセット担保ローンとは

デジタルアセット担保ローンとは、簡単に説明すると暗号資産(仮想通貨)を担保として日本円の融資を受けることができるサービスです。

今まで融資を受ける際には、不動産や証券を担保として差し出すのが一般的で、仮想通貨を担保にするサービスは日本国内ではありませんでした。

 

詳しい内容を見ていきましょう。

概要

  • 融資対象 :法人、個人事業者
  • 貸付利率 :実質年率 4.0%~8.0%
  • 担保対象 :BTC(担保掛目50%)保証人不要
  • 融資額 :1000万円以上100万円単位
  • 契約形態 :極度方式基本契約
  • 資金使途 :原則自由
  • 契約期間 :1年(ロールオーバーあり)
  • 追加借入 :担保率※200%以上で可能
  • 返済方式 :元利一括返済方式(返済回数1回)
  • 遅延損害金 :年率15.0%
  • オプション :担保暗号資産による弁済可能

最短4営業日で着金し、最大5億円まで融資が可能ということです。
担保にできる仮想通貨は「ビットコイン(BTC)」限定となっています。

 

詳しくは、株式会社大和証券グループ本社と株式会社クレディセゾンの合弁会社であるFintertech株式会社のホームページをご確認下さいませ。

fintertech
出典:Fintertech News Release

仮想通貨を担保に法定通貨を借り入れるメリット

仮想通貨を所持している人が日本円を必要ならば、仮想通貨を売却すれば良いじゃないか、と思われるかもしれません。貿易業などを営む平野純也氏は下記のようにこのサービスの需要を分析しています。

1.借りた法定通貨でさらに暗号資産を購入する(レバレッジ)
2.借りた法定通貨を事業や生活に使う(単純な借り入れ需要)
3.暗号資産を売却しないで日本円を調達し、キャピタルゲイン税(日本において暗号資産は所得税が該当する)の支払いを先延ばしする需要

 

引用元:Coin Choice

金融ベンチャーFintertechの暗号資産担保ローンは新しい投資戦略を生み出すのか?(2020/05/17)

個人的には、1と3の需要が高いのではないかと思っています。

まとめ

仮想通貨って何?怪しそう、とか、危なそう、と思われている方もきっと多いと思います。もしくは、私には関係ない、とか。しかし、今回ご紹介したサービスでは「不動産」や「証券」同様に“担保価値”があるから日本円の融資が受けられるわけです。

 

「お金」という価値が今後目まぐるしく変化していくことが予想されます。5月1日に施行された改正金融商品取引法により、仮想通貨は「金融商品」として扱われることになりました。今後は新しい資金調達方法であるSTO(セキュリティトークンオファリング)も始まります。

 

ぜひ、仮想通貨とブロックチェーンの本質を誰でも理解することができる「暗号通貨技能検定」を受講してみて下さいね。特に、仮想通貨を怪しいとか危ないって思っている人こそオススメです!

初級検定講座

暗号通貨技能検定のお知らせ

こんな思いの方々が受講しています​

  • 様々な情報が飛び交っていて何が正しいのか分からない
  • 書店に並んでいる本やYoutube動画を見ても理解が深められない
  • 同一労働・同一賃金が施行された為、資格を得て収入に違いを出したい
  • 仮想通貨がどの様に活用されていくのかを知りたい
  • 自社のビジネスにブロックチェーン技術がどの様に導入できるのか知りたい
  • 新しい技術がこれからの社会経済をどのように変化させて行くのか興味がある
  • SDGs×ブロックチェーン技術の研究が世界で話題になっている本当の理由を知りたい
初級検定講座
Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on tumblr
Share on telegram
Share on email
Scroll to Top