検索するだけで“植林”ができる検索エンジン「Ecosia(エコシア)」

検索するだけで“植林”ができる検索エンジン「Ecosia(エコシア)」

目次

再生すると音声が流れます

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

 

本日は、検索するだけで“植林”ができる検索エンジン「Ecosia(エコシア)」、という話題を取り上げてみたいと思います。

Ecosia(エコシア)とは

皆さんも、毎日インターネットを利用されているかと思います。

 

きっとこの記事にたどり着いたのも、何かしらの検索エンジンを使用して探し出していただけたのではないでしょうか(ありがとうございます。出会いに感謝です)。

 

おそらく、グーグルを使っている方がほとんどではないかと思います。

 

検索することを、「ググる」と言えば今では誰だってわかると思いますし、それぐらいグーグルの検索エンジンのシェアは絶大です。

 

その他、マイクロソフトの「Bing」を使っている方もいらっしゃるかと思います。

 

Bingを使っている方は今すぐに「エコシア」に変えてみても良いと思いますが、理由は後述します。

 

グーグルを使っている方はこの記事を読んで、少し考えてみてください。

検索するだけで植林活動を行う非営利団体に寄付できる

エコシアは、検索するだけで植林・森林再生活動を行う非営利団体に寄付することができる検索エンジンです。

執筆時点(5月14日)で、既に9千300万本以上が植林されております。

 

おおよそですが、45回検索すると木を1本植えることができるそうです。

 

その仕組みは、広告からの利益の80%を植林活動支援に使い、残りは想定外の事態に備え、内部留保しているとのことです。

クリスチャン・クロール
エコシア創設者のクリスチャン・クロール
photo/Wikipedia

また、エコシアの特徴として下記のようなことが挙げられます。

  1.  毎月の財務報告を公開しているので、透明性が高い
  2. 100%再生可能エネルギーでサーバーを稼働させている
  3. データを広告主に販売することなく、1週間以内にすべての検索は匿名化される

まとめ

凄く素敵な検索エンジンですよね。SDGs的にもすごく良いと思います。

 

早速私も使ってみましたが、使用感はグーグルのクロームとほぼ同じなので、違和感はありません。

 

冒頭で「Bing」を使用している方は、今すぐ「エコシア」に変えても良い、と書いた理由は、エコシアの検索結果は「Bing」から提供されているのが理由です。だから今までの検索結果となんら変わりないかと思います(ただし、Bingから得た検索結果をエコシア自身のアルゴリズムによって強化はしているそうです)。

 

よってグーグルの検索結果とは、若干異なるのですが、エコシアの検索バーに「#g」と検索語句を入力するとGoogleの検索結果が表示されます。

 

先ずは、皆さん「ググる」ならぬ「エコる」って見てくださいね!

初級検定講座

暗号通貨技能検定のお知らせ

こんな思いの方々が受講しています​

  • 様々な情報が飛び交っていて何が正しいのか分からない
  • 書店に並んでいる本やYoutube動画を見ても理解が深められない
  • 同一労働・同一賃金が施行された為、資格を得て収入に違いを出したい
  • 仮想通貨がどの様に活用されていくのかを知りたい
  • 自社のビジネスにブロックチェーン技術がどの様に導入できるのか知りたい
  • 新しい技術がこれからの社会経済をどのように変化させて行くのか興味がある
  • SDGs×ブロックチェーン技術の研究が世界で話題になっている本当の理由を知りたい
初級検定講座
Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on tumblr
Share on telegram
Share on email
Scroll to Top