オンライン講座

オンライン暗号通貨技能検定が始まる

目次

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。


本来ならゴールデンウィークの真っただ中で、旅行や帰省などを楽しまれる方も多いはずですが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、政府から不要不急の外出を控えるようにとの要請を受け、ご自宅で時間をもてあそばせている方も多いかもしれません。

 

イタリアでは来月4日以降に、外出禁止や経済活動の制限などを段階的に緩和する方針を示しました。フランスでも経済活動を再開させる方針です。しかし、日本ではまだ見通しが立っていない状態かと思います。

 

当協会が主催する「暗号通貨技能検定」は、2020年4月現在1,900人以上が受講している、対面の仮想通貨(暗号資産)の講座では、最多の受講生を誇ります(当協会調べ)。

 

当協会でも、新型コロナウイルスの感染拡大防止と、何より受講生の安全・安心を鑑み、オンラインでの「暗号通貨技能検定」を始めるに至りました。去る4月26日(日)には、初めての「初級検定講座」が開催されましたので、本日はその模様を少しお届けしたいと思います。

オンライン初級検定講座を初開催!

本来であれば、東京・大阪などの大都市で毎月開催している「初級検定講座」ですが、当面はオンラインのみでの開催とさせていただくことになりました。去る4月26日(日)には、初めてのオンラインによる「初級検定講座」が開催されました。

 

本来であれば、私も東京で開催される場合は会場に駆けつけ、会場のセッティングなどのサポートに入るのですが、今回ばかりは、何かと初めてのことも多いので、事前に講師の方とも打ち合わせや予行練習に多くの時間を費やすことになりました。

 

オンライン講座に使用するプラットフォームはZoom(ズーム)を使用。私は、教室での受講もオンラインでの受講も経験があるので比べられるのですが、教室受講と何ら違和感なく講義を受けることができました。

 

「今、先生と目があった!」と思う瞬間もしばしば。先生から受講生に質問などもされるので、緊張感も途切れません。驚きなのが、ズーム内で受講生が2人1組になり、自己紹介やディスカッションなどもできるのです。

 

オンラインだと少し心配、と思われる方も多いかもしれませんが、安心して受講されて大丈夫かと思います。「検定講座」を名乗っていますので、もちろん試験があり、合格すれば、資格取得とともに認定証が発行されます。

試験もオンラインで完結です。

初級検定講座 認定証

暗号通貨アドバイザーの認定証

初級検定講座に合格した暁には、信頼の証である認定証が授与されます。

まとめ

初めてのオンライン講座開催で、緊張する日々が続きましたが、大きなアクシデントもなく、滞りなく講座が開催でき、一安心しています。改善するべきところは何点か見つかりましたので、より良い講座をオンラインでご提供できるよう、改善に努めて参ります。

 

早ければ、来月にも「改正金融商品取引法」が施行され、仮想通貨(暗号資産)は正式に「金融商品」として扱われるようになります。この法律の施行により、安心・安全に取引ができるようになることはもちろんですが、今までは出来ていたこと(法律的に合法)が、出来なくなる(法律的に違法)ことも出てくるかと思います。

 

そういったことなども、オンライン講座や記事などでお届けさせて頂きますので、楽しみにしていいて下さいね!

初級検定講座

暗号通貨技能検定のお知らせ

こんな思いの方々が受講しています​

  • 様々な情報が飛び交っていて何が正しいのか分からない
  • 書店に並んでいる本やYoutube動画を見ても理解が深められない
  • 同一労働・同一賃金が施行された為、資格を得て収入に違いを出したい
  • 仮想通貨がどの様に活用されていくのかを知りたい
  • 自社のビジネスにブロックチェーン技術がどの様に導入できるのか知りたい
  • 新しい技術がこれからの社会経済をどのように変化させて行くのか興味がある
  • SDGs×ブロックチェーン技術の研究が世界で話題になっている本当の理由を知りたい
初級検定講座
Scroll to Top