社員食堂でSDGs、「海のエコラベル」サステナブル・シーフードの食材採用広がる

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、社員食堂でSDGs、「海のエコラベル」サステナブル・シーフードの食材採用広がる、という話題を取り上げてみたいと思います。

大手企業の社食でサステナブル・シーフードが続々採用

最近になり、海の生態系を守って生産した海産物「サステナブル・シーフード」を社員食堂で提供する企業が増えている、と日刊工業新聞が報じています。

その理由として、従業員がいつも利用する社員食堂で持続可能な開発目標(SDGs)の目標14(海洋保全)に貢献できるからとし、6月にはサステナブル・シーフードを推進する企業が連携組織を発足させ、普及と定着に向けて発信力を高める。

とのこと。

サステナブル・シーフードとは、

捕りすぎず、海を汚染せずに漁獲した海産物の国際認証「MSC」「ASC」を取得した食材。

ともに“海のエコラベル”と呼ばれています。

blank

最近私も気にしているせいか、スーパーでもよく見かけるようになりました。

認証がされているからと、価格が他に比べて高いわけではないので、このマークがついているものを選ぶようにしています。

採用企業

サステナブル・シーフードを社員食堂に採用した企業の代表格は、

パナソニック。

パナソニックは2018年3月に大阪府の本社にサステナブル・シーフードを導入後、20年3月末に42拠点、1年後の21年3月末には100拠点へと拡大するとしています。

その他、損保ジャパン日本興亜、デンソー、横浜銀行などが採用。

タムラ製作所は1月27日から月1回、東京都と埼玉県の2拠点でサステナブル・シーフードの提供を始め、初回は白身魚フライカレーなど4品、全420食を用意しています。

blank
出典:日刊工業新聞 “海のエコラベル”認証食材のメニューを提供するタムラ製作所の社員食堂

社員食堂で提供する場合は、生産者だけでなく、社食を運営する給食会社もMSC・ASCの認証がないとサステナブル・シーフードを提供したことにはならないという決まりがあるそうです。

パナソニックの働きかけがあり、給食会社13社が認証を取得し、食品流通会社にも認証が広がっているそうです。

まとめ

こういう取組み、良いですよね。

わかりやすいですし、消費者としても、安心感というかSDGsに貢献している“実感”が持てると思います。

この「海のエコラベル」ですが、実はマクドナルドでも表示されている商品があるんですよ!

何の商品についているかは既報(食を通じてのSDGs “海のエコラベル”、マクドナルドから日本料理まで)をご一読下さいませ。

MSC認証・ASC認証の他に、CoC認証についても簡単に解説しています。

記事の理解を深める初級検定講座の詳細はこちら>

記事の理解を深める初級検定講座の詳細はこちら>

Scroll to Top