世界初!ソニーとUNOPS(国連プロジェクト・サービス機関)が協業契約を締結!~SDGs上の問題解決へ~

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、世界初!ソニーとUNOPS(国連プロジェクト・サービス機関)が協業契約を締結!~SDGs上の問題解決へ~、という話題を取り上げてみたいと思います。

イノベーション領域における協業契約を締結

2020年2月20日、ソニーのニュースリリース及びSony Startup Acceleration Programのホームページで、UNOPS(国連プロジェクト・サービス機関)とソニー株式会社は、イノベーション領域における協業契約を締結した、発表されました。

UNOPSとイノベーション領域における協業契約を締結した企業は、ソニーが“世界初”となるそうです。blank

少し長くなりますが、この契約で“何がなされるのか”が、ニュースリリースに記載があるので、以下に引用します。

本協業において、UNOPSとソニーは、UNOPSが募集する持続可能な開発目標(SDGs)に取り組むスタートアップやテクノロジー企業の選定を共同で行います。選定に関しては、ソニーのスタートアップの創出と事業運営を支援する「Sony Startup Acceleration Program(ソニー・スタートアップ・アクセラレーションプログラム、以下SSAP)」の知見やノウハウを活用します。選定されたスタートアップや企業は、SSAPを通じて、アイデア創りから商品化、事業運営、販売・事業拡大まで様々な支援を受けられます。また、ソニーとUNOPSは、ワークショップの共催や相互参加など、さまざまな形で協業を行います。

UNOPSは、平和構築や人道支援、開発活動をより効果的に国連やパートナーが進められるよう、SDGs上の課題解決に取り組むスタートアップを集め、育成することに取り組んでいます。一方、ソニーは、これまでSSAPを通じてスタートアップの創出と事業運営の支援を数多く行い、社内外で成果を挙げてきました。
UNOPSとソニーは、UNOPSのプロジェクトに参画するスタートアップの事業が持続的に成長していけるよう、互いのアセットや知見、ノウハウを活用して支援するため、今回協業するに至りました。世の中に新たな価値を生み出すスタートアップの創出と事業運営を支援することで、様々なSDGs上の課題解決に継続的に取り組み、持続可能な社会の発展に貢献してまいります。

今後、UNOPSとソニーは、イノベーション領域に限らず、幅広い領域での協業も検討してまいります。

引用元:SONY ニュースリリース
UNOPSとソニーがイノベーション領域における協業契約を締結(2020/02/20)

キーワードというか、重要な点は、Sony Startup Acceleration Program(SSAP)にありそうですね。

次項でSSAPについて見ていきたいと思います。

Sony Startup Acceleration Program(SSAP)とは

先ずは、SSAPのブランドムービーをご覧ください。

あらゆる人に起業の機会を。

「Sony Startup Acceleration Program」はソニーが持っている起業のノウハウや開発環境を、新規事業を創りたいと考える全ての人に提供し、新規事業の立ち上げから販売・拡大までをサポートするプログラムです。
スタートアップから大企業の新規事業まで、クリエイターのみなさまのビジョンを実現し、イノベーションエンジンとして、より良い社会を創っていくことを目指します。

blank
出典:Sony Startup Acceleration Program

アイデア創りから商品化、事業運営、販売・事業拡大まで一気通貫でみなさまを支援する仕組みが整っています。
新規事業を立ち上げる際の課題を、Sony Startup Acceleration Programで解決しませんか?

と、SSAPのホームページに記載があります。

要するに、アイデアを創り、形にし、そしてロンーチさせ、事業拡大までトータルでサポートを受けられるプログラムということになりますね。

SSAPの実績

SSAPは2014年のスタートから今まで(2020年2月現在)に14の事業が生まれています。

  • wena(ハイブリッド型スマートウォッチ)
  • toio(五感で遊べる・学べるおもちゃ)
  • AROMASTIC(香りを持ち運べる、スティック型のパーソナルアロマディフューザー)
  • MESH(次世代電子ブロック)

など。

すべての事業は「こちら」をご確認下さい。

UNOPSは神戸市にSDGs貢献のスタートアップ育成拠点開設へ

既報(国連機関のUNOPS、神戸にSDGs貢献のスタートアップ育成拠点開設へ)でも、お伝えしていますが、UNOPSは神戸市にSDGs上の課題解決を目指すグローバル・イノベーション・センター(GIC)を開設に向けて現在プロジェクトが進行しています。

こちらの開設は、2020年夏頃を予定していますが、公募は春頃の予定ですので、気になる方は要チェックです!

SSAP自体は既に稼働しているプログラムなので、「こちら」から問い合わせが可能です。

まとめ(ソニー信者だった私)

今年に入り、ソニーがアメリカはラスベガスで、自社の自動運転システムを搭載したEVコンセプトカーである“Vision-S”をサプライズ発表しました。

驚きとともに、私は嬉しかったです。

本当はソニーが“やらなければいけないこと”を、最近では全部アップルに先を越されていた状況です。

私は以前、根っからのソニー信者で、パソコンやコンポ、携帯やデジカメ、もちろんウォークマンも全部ソニーで揃えていました。

それがそれが、たぶん10年前くらいでしょうか、パソコンのVAIOでいわゆる世に言う“ソニータイマー”が発動し、酷い目に遭ったので、それ以来見切りをつけていたんです。
(それでも基本は、ドメスティック企業・ブランド推しなのですが、パソコンそれ以来ずっとDELL製を愛用)

今回のUNOPSの契約と、Vision-Sの件で、心が揺らいできました!

もう一度、ソニーに注目してみます。

“make.believe”も良いけど、“It’s a Sony”時代の輝きを取り戻してくれ!

いずれにせよ、ソニーと神戸市にSDGs上の問題解決に取り組む拠点ができるので、日本がこの分野でもリードしていけるように頑張って欲しいです。

記事の理解を深める初級検定講座の詳細はこちら>

Scroll to Top