JPモルガンのブロックチェーン部門と、コンセンシスが合併へ!

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、JPモルガンのブロックチェーン部門と、コンセンシスが合併へ!、という話題を取り上げてみたいと思います。

ロイターがスクープ!

2月11日にロイターが、独占記事としてすっぱ抜いています。

日本の文春砲は、不倫ばっかりな印象ですが、ロイターは暗号資産(仮想通貨)、ブロックチェーン関係の取材にも力を入れている印象です。

具体的には、

JPモルガン・チェース(ニューヨーク州に本社を置く銀行持株会社)が、自身のブロックチェーン部門「クオラム(Quorum)」と、主にイーサリアム系の分散型アプリケーション(DAPPS)の開発などを行っている、コンセンシスが合併に向けて、協議に入った模様です。

合併は今後6ヶ月以内に正式に発表される可能性が高いが、金銭的条件は依然として不明確だ。

引用元:REUTERS
Exclusive: JPMorgan in talks to merge blockchain unit Quorum with startup ConsenSys – sources(2020/02/11)

個人的な感覚ですが、飛ばし記事ではないと思います。

内情はよくわかりませんが、おそらく合併は成立するのではないでしょうか。

ロイターは“合併”という言葉を使っていますが、おそらくは買収に近い形になるのではないでしょうか。

投資銀行のJPモルガンは、JPモルガン・チェースの子会社なので、同じような形になるのかなと。

日本では、独占禁止法の「5%ルール」で、銀行または保険会社は、国内の一般事業会社の総株主の議決権の5%(保険会社は10%)を超えて保有等することを原則として禁止しているのですが、海外の事情は勉強不足なのでこの時点では、わかりません。(ごめんなさい。調べておきます。)

次項では、なぜJPモルガンがコンセンシスと合併を画策しているのか、簡単に私なりに解説してみたいと思います。

JPモルガンの思惑

前述した、JPモルガンが開発したクオラムは、JPモルガンが開発したオープンソースソフトウェアであり、イーサリアムをベースとした企業向けスマートコントラクトプラットフォームです。

金融分野におけるエンタープライズ用途として開発され、イーサリアムと互換性を持っています。

後に、「The Enterprise Ethereum Alliance」(EEA)へ移譲されています。

有名なユースケースとしては、

ルイ・ヴィトンと、コンセンシス及びマイクロソフトが協力して、クオラムを活用した高級ブランド品の真贋証明プラットフォームを開発していたりします。

特徴としては、

イーサリアムのフォークチェーンであるため、オープンソースであり、スマートコントラクトにも対応しており、すべてのコンソーシアムメンバーがアクセスできる「パブリックトランザクション」と、特定メンバーのみがアクセスできる「プライベートトランザクション」の2種類に分かれています。

こういった経緯もあり、JPモルガンはコンセンシスの優れた開発能力やノウハウを評価し、白羽の矢を立てたのだと思います。

一方では、昨年末からコンセンシスが大量の従業員解雇、との報道もなされており、経営的にも安定していなかったのかもしれません。

blank
出典:JPMorgan Chase & Co.

まとめ

いずれにせよ、今までイーサリアム系のDAPPSの開発などで、業界をけん引してきたコンセンシスなので、社名も含め、いい形で残ってくれたらな、とは思っています。

かくいう私も、実はイーサリアムに惚れ込んでこの業界に入りました。

イーサリアムには夢が詰まっている!

が、持論です。

イーサリアムとスマートコントラクトが創り出す世界は、とても素晴らしいはずです。

基本的には、上下関係もなく、嘘偽りもなく、約束は守られる。

例えるなら、「正直者が馬鹿を見ない」

そんな世界だと思います。

記事の理解を深める初級検定講座の詳細はこちら>

Scroll to Top