郵便局がキャッシュレス決済開始、先ずは主要65局から

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、郵便局がキャッシュレス決済開始、先ずは主要65局から、という話題を取り上げてみたいと思います。

2月3日から、主要65局で開始

日本郵便は2月3日より、郵便局の郵便窓口にてキャッシュレス決済を開始しました。

先ずは、主要65局から開始し、5月までには約8,500局に導入する予定です。

クレジットカード・電子マネー・スマホ決済でお支払いいただけます。

キャッシュレス決済可能な商品・サービス

  • 郵便料金または荷物(ゆうパック、ゆうメールなど)運賃
  • 切手(※)、はがき、レターパックなどの販売品
    ※切手販売は、1回の取引において10万円が上限額です。
  • カタログ、店頭商品などの物販商品

ご利用できない商品・サービス

  • 印紙
  • 宝くじ
  • 代金引換郵便物等の引換金
  • 税付郵便物の関税
  • 地方公共団体事務(各種証明書等の交付、バス回数券の販売などの受託事務)

ご利用可能な決済ブランド

クレジット・デビット・プリペイドカード(非接触対応カードを含む。)

VISAMasterCardJCBAMERICAN EXPRESSDiners Club銀聯

電子マネー

iDWAONQUICPay+

交通系

KitacaSuicaPASMOTOICAmanacaICOCASUGOCAnimocaはやかけん
※PiTaPaは利用できません。

スマホ決済

ゆうちょPayAmazon Payau PAYd払いLINE PayメルペイOrigami PayPayPay楽天ペイ(アプリ決済)アリペイ(Alipay)WeChat Pay

2020年2月現在、キャシュレス決済を導入している郵便局一覧は、こちらから確認できます。

blank
出典:日本郵政グループ プレスリリース

まとめ(便利なサービスも最後にご紹介)

調べてみましたが、私の住む街では、今月には導入されていませんでした。

5月には、導入される予定です。

予想はしていましたが、暗号資産(仮想通貨)決済は導入されていません。

日銀も各国の中央銀行と連携して、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行に向けて動いているので、ローンチした暁にはデジタル日本円での決済も可能になるでしょう。

最後にあまり知られていないと思うのですが、便利なサービスをご紹介させて頂きます。

おそらく全ての郵便局で、採用されているわけではないとは思いますので、最寄りの郵便局にご確認下さいね。

それは、切手1枚からFAXで注文すると、無料で配達員がお届けしてくれるサービスです。

blank

私も、営業部の方から話しを聞いて初めて知りました。

配達員が配達がてら届けてくれるからなのか、送料はかかりません。

ただし、こちらは現金決済のみかもしれません。

受付時間は、

  • 平日午前のお届けをご希望:前日の15時まで
  • 平日午後のお届けのご希望:当日の12時まで
  • 土曜日お届けをご希望:金曜日の15時まで

と、なっています。(私の住む地域では)

凄いですよね~。

1円の切手1枚から無料でお届けですから。

ただし、日祝日のお届けは無しです。

最近の郵便局は頑張ってますね!

記事の理解を深める初級検定講座の詳細はこちら>

Scroll to Top