宿泊もできる“サステナブルな複合施設”が京都に開業 ~まるっと全部SDGs~

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、宿泊もできる“サステナブルな複合施設”が京都に開業 ~まるっと全部SDGs~、という話題を取り上げてみたいと思います。

グッドネイチャーステーション、12月9日オープン!

京阪電鉄などを運営する京阪ホールディングスとそのグループ会社のビオスタイルは昨年12月9日、京都・四条河原町に複合施設「グッドネイチャーステーション」オープンした、とWWDが報じていたので、ご紹介させて頂きます。

9層構造で、延べ床面積は約2万7000平方メートル。

“循環型社会に寄与するライフスタイル「BIOSTYLE」の具現化”をコンセプトに掲げ、オーガニック食品や自然由来の成分のみを使用した化粧品などを販売上層にはホテルも併設しています。

サクッと各フロアの紹介をしてみます。

1階

厳選したオーガニックの野菜や食材を並べるマーケット、テイスティングバー、レストラン、パティスリー

2階

鹿児島の人気イタリアン「カイノヤ」の新業態など話題のレストランを集めた“プレミアムガストロノミーフロア”

3階

ビューティーサロン「眠れる森の美女」、独自に開発した化粧品「ネモハモ(NEMOHAMO)」などを置くコスメストア、職人の工芸品をセレクトした雑貨店「カソケキ」が入るフロア

4~9階

ホテル

このホテルは、歯ブラシやカミソリ、ヘアブラシなど、使い捨てアメニティーは常備しない。物販でも可能な限り紙や木製の包材を使用。提供するフードメニューは皮や葉、根元まで使用することを心掛ける。とのこと。

また、「生ゴミは施設内で堆肥化し、近隣の畑に肥料として提供。そこで収穫した食材はレストランで使う。紙容器はコスト高だが、それでも新しいアクションを起こす価値の方が大事」と施設を手掛ける髙原英二ビオスタイル社長が語っています。

さらに、ホテルとしては世界で初めてとなる建物・室内環境評価システムWELL(WELL Building Standard)認証の取得も進めているそうです。

うん、ホテルはけっこうサステナブルかも!

出典:GOOD NATURE HOTEL

アースもH&Mも買い物袋有料化

グッドネイチャーステーションのオープンを報じたWWDは、Women’s Wear Dailyの頭文字を取っている、ファッション業界の業界誌なのですが、最近はSDGsと縁遠い印象がありそうなファッション業界もSDGsに力を入れています。

アニマルフリー、オーガニックコットン、フェアトレード、といったキーワードが思い浮かびます。

また、リサイクル、リユース、ヴィンテージの商品が今まで以上に注目されていくのではないでしょうか。

最近では、去年あたりから「アースミュージック&エコロジー」や「H&M」などで、プラスチックの袋を廃止し、紙袋は有料化しています。

アースミュージック&エコロジーってだいぶ前からありますが、今となっては良いブランド名ですよね~!

blank
出典:アース ミュージック&エコロジー公式フェイスブックページ

 

まとめ

SDGsって堅苦しそう~とか、何をしたらよいかわからない、という方は、グッドネイチャーステーションのホテルに宿泊して、体験してみるのもよいかもしれませんね。

“サステナブルな暮らし”のヒントが見つかるかもしれません。

また、ファッションに関しては商品情報、例えば環境負荷や着用年数などブロックチェーンに記録して、リサイクルショップに売る際に、サステナブルな商品は高く買い取ってくれる、とかいいですね!

記事の理解を深める初級検定講座の詳細はこちら>

Scroll to Top