国連機関のUNOPS、神戸にSDGs貢献のスタートアップ育成拠点開設へ

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、国連プロジェクトサービス機関(UNOPS、ユノップス)と神戸市の間で、SDGs上の課題解決を目指すグローバル・イノベーション・センター(GIC)の開設に向けてMOU(基本合意書)を締結した、という話題を取り上げてみたいと思います。

UNOPSとは

United Nations Office for Project Services(略称:UNOPS) 国連プロジェクト・サービス機関は、プロジェクト実施に特化した国際機関であり、他の国際機関、国際金融機関及び各国政府等からの依頼に基づき、援助事業の実施を担っています。

本部はデンマークのコペンハーゲン。駐日事務所は国連大学ビル内。

また、UNOPSは、国際援助を目的とした、ブロックチェーン利用のためのチームを結成していることでも知られています。

グローバル・イノベーション・センター(GIC)の概要

UNOPSが昨年より、最先端のテクノロジーを活用することでプロジェクト推進上の課題解決を図るために、世界約15か所にGICを開設する構想を展開。

すでに、アンティグア・バブーダ(2018年1月)、スウェーデン(2019年10月)に開設の実績あり。

GICは、国内におけるスタートアップを集積・育成するとともに、日本で創出されたSDGs課題解決型サービスが、国連プロジェクトとサービスを結び付けるインキュベーション施設です。また、国内外よりSDGsに取り組むスタートアップを誘致し、国内企業や世界中のグローバル・イノベーション・センター(GIC)とつなげることで、世界の課題に取り組むネットワーク基盤となります。と、神戸市が発表しています。

開設時期

令和2年夏ころ(予定)

場所

神戸市内

事業内容

  • SDGs上の課題に基づき入居者を公募、一定の選考基準にて選定(毎年約15社)
  • 3か月ごとに目標を立て、達成度合いを評価(入居期間:1年間)
  • 年間5社程度の技術を国連プロジェクトへ内での採用を目標とする

また、市と県が賃料や光熱費などを補助するとのこと。

入居企業の条件

ユノップスはまず、

  • 貧困から引き起こされる人道問題や、環境負荷低減などSDGsに関わる課題の解決策を公募
  • 技術や開発能力、実効性などに基づいて入居企業を選定
  • 既存技術を生かした新事業を生む可能性も評価基準に入れる

と、日本経済新聞が報じています

公募は2020年春頃の予定。

blank
出典:神戸市HP スウェーデンのGICが入居する施設

まとめ

国連のプロジェクトに直結する施設が、日本国内に誕生する意味は大きいのではないでしょうか。

UNOPSは、主に貧困地域の契約管理、土木工事、インフラ開発などを担っています。

来年で阪神大震災から25年です。

神戸が大震災から復興した、経験やノウハウも活かされるかもしれません。

神戸市に開設される、グローバル・イノベーション・センター(GIC)から、画期的なアイデアや技術が生まれ、SDGs達成に貢献し、世界をリードする企業が生まれることを願っています。

記事の理解を深める初級検定講座の詳細はこちら>>

Scroll to Top