フォビジャパンが沖縄県首里城火災復旧支援 暗号資産(仮想通貨)寄付プロジェクト開始

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

本日は、仮想通貨交換業者であるフォビジャパン株式会社が、火災によって甚大な被害を受けた沖縄県首里城の復旧支援として、暗号資産(仮想通貨)での寄付を募るプロジェクトを、11月25日から開始した、という話題を取り上げてみたいと思います。

寄付金募集について

概要

  • 受付開始日:2019年11月25日(月)~
  • 寄付先:沖縄県
  • 寄付受付対象の仮想通貨:ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)
    ※最小寄付単位は、0.0001BTC、1XRP

寄付方法

  • Huobi Japan口座から寄付
  • その他ウォレットから寄付

上記2つの方法から可能。

送信先のアドレス等の確認は、「世界遺産 沖縄県首里城 沖縄県首里城火災復旧支援 特設ページ」をご確認下さい。

注意事項

  • 暗号資産(仮想通貨)は入金直後に日本円へと換金
  • フォビジャパンが日本円でまとめて沖縄県へ寄付
  • 寄付金は、1ヶ月に1度まとめて沖縄県に寄付
  • 寄付は、個人からではなくHuobi Japanからの募金としてまとめて沖縄県に寄付
  • Huobi Japan 口座で寄付する場合のみ領収書の発行が可能
  • 寄付専用アドレスへフォビジャパン口座から寄付した場合は領収書は発行不可
  • 寄付のキャンセルや返金は不可
  • レート変動により、確定後の金額とずれが生じることがある

まとめ

沖縄県は、当協会の理事でもある砂川インストラクターをはじめ、協会員の皆様もたくさんお住まいです。

私も、極々少額ですが、早速寄付させて頂きました。

やはりスマホ1つあれば、QRコードを読み込んで、任意の金額を即座に送金できるのは、ものすごく便利です。

こういった寄付文化が日本にも広がると、良いと思います。

blank

少し気になった点ですが、寄付先が沖縄県となっていますが、直接沖縄県に寄付されるのでなく、フォビジャパンが日本円に換金して、沖縄県に寄付ということです。

これって、

スプレッド分、フォビジャパンが儲かるってことですか?

違うか。

送ってもらった仮想通貨を、日本円に換金しているだけなので。

よくわからなくなりましたが、とにかく直接沖縄県に寄付するのでなければ、中間搾取を出来る限りしないで、沖縄県に寄付をお願い致します!

直接寄付を必要としている方に、第三者機関を介さずに、送金できるのが、仮想通貨のメリットでもありますからね。

それと、寄付金の額の公開もして欲しいですね。

宜しくお願い致します!

blank

記事の理解を深める初級検定講座の詳細はこちら>>

Scroll to Top