暗号通貨技能検定(初級編)第118回 at 東京都

暗号通貨技能検定(初級編)を東京都で開催

2019年11月2日(土)に、東京は中央区京橋(東京駅そば)で、暗号通貨技能検定初級編(以下「初級検定講座」という)が開催されました。

前回東京で開催した初級検定講座とは、うってかわって早々に「満員御礼!」

今回も筆者がカメラ片手に、出張レポートさせて頂きます。

公式YouTubeチャンネルの撮影に挑む

日本クリプトコイン協会には、ユーチューブ公式チャンネルがあるのをご存じですか?

ホームページともまた違った切り口で、暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーンの本質や、協会の最新情報を随時発信していきますので、ぜひ“チャンネル登録”“高評価ボタン”をお願い致します。

当日は、講義の前に公式チャンネルの撮影をしましたので、少しだけ裏側のレポートを致します。

撮影に臨む砂川インストラクター。3台のカメラに囲まれて、若干落ち着かない様子(笑)

撮影スタート!

悪い予感が的中?早速のNGで撮りなおし。

blank
NGを出した直後の、砂川インストラクター。慣れない撮影に悪戦苦闘。

その後何回か撮りなおして、無事撮影は終了致しました。

実は私も今回は、撮影に挑んでおり、公式チャンネルにも登場予定ですので、動画でお会いしましょう!

それでは、早速講座のレポートに入っていきます。

満員の会場の中、講座スタート!

blank
受講生を笑顔で迎える砂川インストラクター。会場の雰囲気も一気にも和みます。

今回は友人・知人をお誘いあわせの上、初級検定講座を受講をされた方が非常に多く、終始和やかなムードで講義は進みました。

また、還暦を機に新しいことにチャレンジしたい!と、受講をされた方もおりました。

おいくつになっても前向きな姿勢は、ピカピカに輝いていますね!

その場の状況や、受講生の理解度に応じて、講座の進行を臨機応変に対応する砂川インストラクターの技量に、筆者は感心しきりでした。

blank
受講生も講義が始まれば、真剣そのもの!砂川インストラクターの話す言葉に集中して、耳を傾けています。

ロールプレイング

知識のインプットはもちろん非常に重要です。

しかし、知識も使ってこそ価値があるものだと思います。

初級検定講座では、身に着けた知識をアウトプットするセクションを設けています。

blank
生き生きとした表情で、ロールプレイングをする受講生。わかっているつもりでも、実際に人に説明するとなると難しいものですよね~。教えているつもりが、自分の学びにもなるので、アウトプットは本当に重要です!

さぁ、試験です!

合格者(80点以上)は「暗号通貨アドバイザー認定証」を取得することができ、 暗号通貨アドバイザー の資格と上級受講資格が与えられます。

blank
合格を目指して試験スタート!
blank
信頼の証、「暗号通貨アドバイザー」の認定証

認定証は、合格者の方には受講から10日程度でお手元に郵送で届きますので、楽しみにしていてくださいね。

お茶会風景とまとめ

blank
講座終了後の、お茶会風景。仲間との親睦を深めたり、講師に直接質問ができる貴重な機会なので、参加者の方に非常に喜ばれています。

砂川インストラクターが登壇する東京での「初級検定講座」は、これが今年最後となりました。

お疲れ様でした。いつもありがとうございます。

12月7日(土)に開催される東京での「初級検定講座」は、当協会の代表理事である山下健一が登壇致します。

東京ではめったにない機会です。

まだ、少しお席に余裕がございますので、ご参加お待ちしております。(下記のボタンからお申し込みができます。)

記事の理解を深める初級検定講座の詳細はこちら>>

Scroll to Top