VISA マスターカード

リブラ協会、VISAやマスターカードなど5社が新たに脱退(オープンリブラにも少し言及)

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

大型で非常に強い台風19号は、12日(土)夕方から夜にかけて、東海または関東に上陸する見込みです。

危険な状況になる前に躊躇なく避難をすることが重要です。

私も人生で初めて、避難場所の確認を致しました。

さて本日は、フェイスブックのリブラ、VISAやマスターカードなど5社が新たに協会を脱退、という話題を取り上げてみたいと思います。

リブラ協会から新たに5社が脱退

ブルームバーグなど、複数のメディアが、リブラ協会から新たに5社が脱退したと報じました。

今回新たに、リブラ協会から脱退した企業は以下の通り。

  • VISA
  • マスターカード
  • イーベイ
  • ストライプ
  • マーカドパゴ

これで先日脱退したペイパルを含め、合計6社がリブラ協会から脱退することになりました。

ペイパルの脱退についての詳しい記事は、先日投稿していますので、ご一読いただけると嬉しいです。
米ペイパル、リブラ協会参加を正式に見送り

脱退した企業は全て、決済関係のインフラを提供している企業ですね。

残っているのは、配車サービスのウーバーなど、22社となっています。

最近はリブラ協会から脱退する企業が相次いでいますが、

逆に1,500の事業体が「リブラ協会への参加に興味を示している」と、リブラ協会の広報責任者が認めてもいます。

出典:リブラ協会 参加企業ロゴの数が減ってきて、寂しくなってきました。

新たな動向、オープンリブラ

そんな中、10月8日~11日にかけて大阪で開催されたDevcon5で、ビックリするような発表がありました。
(※Devconとは、Ethereum Foundatoinが毎年開催しているグローバルカンファレンスです。)

Wirelineの共同設立者Lucas Geiger氏がDevcon5登壇し、リブラをハードフォークした通貨「オープンリブラ」の立ち上げを計画していると、発表しました。

リブラ協会が中央集権的であるという批判があるので、より非中央集権的なものにするのが「オープンリブラ」です。

ただ、リブラにペッグ(連動)した暗号資産(仮想通貨)の開発を掲げており、ハードフォークと言えど、全く別物になるというわけではなさそうです。

オープンリブラについては既にホームページも出来ております。

 

blank
出典:OPEN LIBRA

なんかちょっと、後出しジャンケンみたいな印象も受けますね。

フェイスブックに依存しないということをアピールしたいのでしょうが、ペッグするなら少しそのような印象も薄まりますね。

ただ、注目すべきプロジェクトだと思いますので、今後も注視していきたいと思います。

(本当に台風で避難するかもしれないので、本日は短めに失礼します!)

記事の理解を深める初級検定講座の詳細はこちら>>

Scroll to Top