ネム ロゴ

nemgraphローンチ ~SNS新時代~

明日は、東京で暗号通貨技能検定初級編が開催されます。

おかげさまで満席となり、申し込みを打ち切る事態となりました。

ありがとうございます。

さて本日は、NEMブロックチェーンを使用した、写真投稿型SNS「nemgraph」のサービスが開始された、という話題を取り上げてみたいと思います。

インスタグラムのブロックチェーン使用版

2019年8月22日に、NEMブロックチェーンを使用した、写真投稿型SNS「nemgraph」のサービスが開始されました。

開発したのは、日本人エンジニアのようです。

私も本日登録はしてみました。

簡単に説明すると、NEMブロックチェーンを使ったインスタグラムのようなものだと思います。

自分が取った写真をドンドン投稿しながらコミュニケーションを図っていく。

そんな感じです。

それでは、何が新しいのかを次の項目で説明していきます。

出典:nemgraph

3つの特徴

nemgraphには3つの特徴があります。

  • RiNG公証(ブロックチェーンに想いを刻む)
  • 投稿へのTip(投げNEM)
  • 写真の販売(購入もできます)

以上3つです。

順を追って簡単に説明していきます。

【RiNG認証】
投稿した写真は、NEMブロックチェーンに刻まれ、その情報は改ざん不可能となり永遠に保持されます。
ただし、RiNGでブロックチェーンに記録するには、手数料5xemが必要となります。

【投稿へのTip】
気に入った写真には、暗号通貨NEMによるチップ機能「投げNEM」によって気持ちを伝えることができます。

要するに「いいね!」してもらうとNEMがもらえちゃいます。
もちろんこの気持ちは、ブロックチェーンに刻まれ永遠に残ります。

【写真の販売】
NEMブロックチェーンを使用して所有権を証明し、写真を販売することができます。
購入した人は、自分の所有物としてブロックチェーンに刻まれ永遠に残ります。
ただし、登録料5xem及び売り上げの5%の手数料が必要となります。

ブロックチェーンと暗号資産(仮想通貨)の特徴が活かされているサービスでとても素敵だと思います。

blank
出典:nemgraph

注意点

登録には、NEMをウォレットを新規作成(もしくは連携)が必要になるので、プライベートキーの管理は厳重にしてください。

それと、ここは公式HPにも記載がなかったかと思うのですが、大事なことが1つ!

ブロックチェーンに刻まれた情報(写真)は、「削除」できない可能性があるはずですので、投稿前にご一考を!

※著者はまだ登録したのみで実際のサービスと相違がありましたらご容赦くださいませ。

ただ、気軽に仮想通貨やブロックチェーンに触れてみる良い機会だと思うので、興味ある人は登録してみてください。
https://nemgraph.com/front/

それでは、私も「ネムグラフ映え」する写真を投稿してみたいと思います。

blank

暗号通貨技能検定(初級編)は、ブロックチェーンに精通した業務を行っているプログラマーやエンジニアの方々からも支持されている検定資格です。なぜなら、難しく分かりにくい技術用語や単語を明確に理解し、「どの様な例え話を用い、他者へ伝えることができるのか!?」を知れる、日本で唯一の検定講座だからです。

講座は「お金について」を含め、1から重要な項目を前編後編合わせて3.5時間の中で、しっかりと学ぶことが出来る内容になっていますので、「興味はあるけれど講座についていけるのか、少し心配」という方であっても、安心して受講いただけます。

日々の生活や仕事はもちろん、ビジネスや新たなチャレンジにも役立つ資格であるため、他の受講生の皆様とともに、しっかりと仮想通貨システムおよびブロックチェーンの理解を深めていただけたら幸いです。

受講で得られる『7+3の学びと活動』
  • 学び①:お金の本質、仮想通貨システムの本質
  • 学び②:ブロックチェーンの活用事例
  • 学び③:キャッシュレス化の現状と未来
  • 学び④:フィンテックの可能性
  • 学び⑤:情報共有(分散型台帳技術)の重要性
  • 学び⑥:企業ではなく「あなた」が活躍する時代
  • 学び⑦:ブロックチェーンが創造する未来
  • 活動①:伝え方のスキルアップとコミュニケーション能力を向上する
  • 活動②:SDGsの達成に向けた仮想通貨システムの活用を伝える
  • 活動③:公認暗号通貨技能アドバイザーとして各地で講座を開催する

本質を学び活かすことができる、暗号通貨技能検定(初級編)とは!?
↓↓↓
blank

Scroll to Top