Tポイント ビットコイン

「Tポイント」でビットコイン購入へ ~ビットフライヤーで日本初~

お盆休みも終わり皆さんもお仕事だと思いますが、いかがお過ごしでしょうか。

さて本日は手短に、「Tポイント」でビットコインが購入できるサービスがビットフライヤーで開始された、

という話題を取り上げてみたいと思います。

本日からサービス開始

ビットフライヤーのニュースリリースを読むと、すでにサービスは開始されています。

ビットフライヤーとTポイント・ジャパンは業務提携し、ビットフライヤーにおいて「Tポイント」が貯まり、使える「Tポイントプログラム」を開始したとのこと。

気になる内容ですが、

  • Tポイントを使ってビットコインが付与される。(購入できる。)
  • 500円以上のビットコイン決済でTポイントが貯まる

以上の2点です。

サービスの詳細ですが、

  • Tポイント100ポイントにつき、85円相当のビットコインが付与される。(購入できる。)
  • 対象加盟店でビットフライヤーウォレットでビットコイン決済すると、500円のお買い物ごとにTポイント1ポイントが貯まる。

となっています。

このサービスの詳細は、「NEWS RELEASE : bitFlyer とTポイント・ジャパンとの業務提携について ~Tポイントを使って「ビットコイン」が付与されます~ 」からご確認できます。

まとめ

法定通貨でお買い物をすると、Tポイントが貯まり、そのポイントでビットコインが購入できる。

逆もしかりで、

ビットコインで決済すると、Tポイントが貯まり、そのポイントは法定通貨のごとくお買い物に利用できる。

もう、法定通貨と暗号資産(仮想通貨)の境目はないでよね。

いったい仮想通貨の「仮想」ってなんですか?

そんな感じです。

Tポイントを利用している方でまだビットコインをお持ちでない方は、この機会に購入してみてみたら良いかと思います。

百聞は一見にしかず

先ずはビットコインを持って、使ってみることをお勧めします!

暗号通貨技能検定(初級編)は、ブロックチェーンに精通した業務を行っているプログラマーやエンジニアの方々からも支持されている検定資格です。なぜなら、難しく分かりにくい技術用語や単語を明確に理解し、「どの様な例え話を用い、他者へ伝えることができるのか!?」を知れる、日本で唯一の検定講座だからです。

講座は「お金について」を含め、1から重要な項目を前編後編合わせて3.5時間の中で、しっかりと学ぶことが出来る内容になっていますので、「興味はあるけれど講座についていけるのか、少し心配」という方であっても、安心して受講いただけます。

日々の生活や仕事はもちろん、ビジネスや新たなチャレンジにも役立つ資格であるため、他の受講生の皆様とともに、しっかりと仮想通貨システムおよびブロックチェーンの理解を深めていただけたら幸いです。

受講で得られる『7+3の学びと活動』
  • 学び①:お金の本質、仮想通貨システムの本質
  • 学び②:ブロックチェーンの活用事例
  • 学び③:キャッシュレス化の現状と未来
  • 学び④:フィンテックの可能性
  • 学び⑤:情報共有(分散型台帳技術)の重要性
  • 学び⑥:企業ではなく「あなた」が活躍する時代
  • 学び⑦:ブロックチェーンが創造する未来
  • 活動①:伝え方のスキルアップとコミュニケーション能力を向上する
  • 活動②:SDGsの達成に向けた仮想通貨システムの活用を伝える
  • 活動③:公認暗号通貨技能アドバイザーとして各地で講座を開催する

本質を学び活かすことができる、暗号通貨技能検定(初級編)とは!?
↓↓↓
blank

Scroll to Top