フェイクニュース

ブロックチェーンを使いフェイクニュース阻止へ、ニューヨークタイムズが報じる

今週末は、台風が関東に接近する恐れがあるようです。

墨田川の花火大会も予定されているので、心配ですね。

さて本日は、ニューヨークタイムズがハイパーレジャー・ファブリックを利用して、フェイクニュースを阻止へ、という話題を取り上げてみたいと思います。

ハイパーレジャー・ファブリック(Hyperledger Fabric)とは

ハイパーレジャーはオープンソースのブロックチェーンプラットフォームで、The Linux Foundationによって運営されています。

ブロックチェーンの種類としては、コンソーシアムブロックチェーンに分類され、

特徴としては、複数の企業や組織で利用するということ。

管理者は存在するのですが、1企業が管理しているわけではないので、改ざん等のリスクは軽減され、柔軟にカスタマイズ等に対応できるのがメリットと言えるでしょう。

ブロックチェーンの種類については、2019年7月4日の記事(ブロックチェーンであらゆる価値は躍動する)をご確認ください。

ハイパーレジャー出典:Hyperledger公式HP

ニュース・プロブナンス・プロジェクト(News Provenance Project)

ニューヨークタイムズは「ニュース・プロブナンス・プロジェクト」を新たに立ち上げ、報道写真の真正性を証明することを目指すとしている。

同プロジェクトの最初の仕事して、公式HPでは下記のように説明しています。

私たちの最初の仕事は、報道機関によって発行されたメディアに関するメタデータ、特に画像とビデオを記録し共有するためのブロックチェーンベースのシステムを探ることです。また、ユーザーが本物のメディアを認識するのに役立つ信号の種類を特定するために、ユーザーエクスペリエンスの調査も行っています。

引用元:The News Provenance Project 公式HP

これだけではあまりよくわかりませんね。

簡単に説明すると、ニュースメディアが使用している画像や動画の発信元を特定し、インターネット上で流れてる間に文脈から外れた場合は検知され、誤報が防げる仕組みのようです。

そういった誰が、どこで撮影したかなどの「メタデータ」をブロックチェーン上に保管するとのことです。

ここでも、改ざんがされない、というブロックチェーンの特性が活かされていますね。

このようなブロックチェーンの特徴を活かして、フェイクニュースを阻止しようというのがニューヨークタイムズの狙いです。

ニューヨークタイムズ出典:ウィキペディア

まとめ

ニュースに使われる写真などに限らず、「本物」か「偽物」かという問題はいろいろな分野でつきまといます。

例えば、アート。

いつでも本物か贋作(がんさく)かという問題が悩ましいテーマです。

インターネット上で発表される「デジタルアート」だけに限らず、インターネットで取引される「絵画」なども、本物をブロックチェーンに登録していれば、偽物をつかまされることもなくなるでしょう。

応用できる分野は、まだまだ無限にあると思います。

音楽とか、ブランド品とか。

もうすでに、ルイ・ヴィトンでは、正規品(本物)であることを証明できるブロックチェーンのプラットフォームが導入されています。
詳しくは2019年5月24日の記事(ブロックチェーンとは、世界的ブランドも注目している革新的技術)をご確認ください。

知らない間に、あなたの高級ブランドのお財布が、ブロックチェーンに登録されている世の中はもうそこまできています。

blank

暗号通貨技能検定(初級編)は、ブロックチェーンに精通した業務を行っているプログラマーやエンジニアの方々からも支持されている検定資格です。なぜなら、難しく分かりにくい技術用語や単語を明確に理解し、「どの様な例え話を用い、他者へ伝えることができるのか!?」を知れる、日本で唯一の検定講座だからです。

講座は「お金について」を含め、1から重要な項目を前編後編合わせて3.5時間の中で、しっかりと学ぶことが出来る内容になっていますので、「興味はあるけれど講座についていけるのか、少し心配」という方であっても、安心して受講いただけます。

日々の生活や仕事はもちろん、ビジネスや新たなチャレンジにも役立つ資格であるため、他の受講生の皆様とともに、しっかりと仮想通貨システムおよびブロックチェーンの理解を深めていただけたら幸いです。

7つの「できる」を確立する
  • キャッシュレス化の波をつかむ
  • ブロックチェーンの活用事例を知る
  • フィンテックの可能性を理解する
  • 実践的な活用方法を知る
  • ビジネスで活かせる資格を得る
  • 周りからの質問に分かりやすく答えてあげる
  • ブロックチェーンでどのような未来が創造されるのかを理解する

本質を学び活かすことができる、暗号通貨技能検定(初級編)とは!?
↓↓↓
blank

Scroll to Top