日本維新の会、マニフェストに「暗号資産、ブロックチェーンに注力」と明記

皆さん、7月最初の週末いかがお過ごしでしょうか。

本日は、暗号通貨技能検定(初級編)が東京で開催されます。

私もサポートとして会場におりますので、もしお会いすることがあればお声をかけていただけると嬉しいです。

さて、本日は日本維新の会のマニフェストに「暗号資産、ブロックチェーンに注力」と明記されたということを取り上げてみたいと思います。

日本維新の会マニフェスト

日本維新の会は、「第25回参議院議員通常選挙日本維新の会マニフェスト」の中で、おそらく日本の政党では初めて「暗号資産、ブロックチェーンに注力」とマニフェストに明記しました。

正確には、規制改革・成長戦略・経済政策の項目の中で「AI,ブロックチェーン、暗号資産に注力」と記載されています。

日本維新の会のマニフェストはこちらからご確認できます。

出典:日本維新の会公式HP

藤巻議員たっての希望

日本維新の会のマニュフェストが先日発表になりましたが「経済政策の中に強く要望し、「AI,ブロオクチェーン、暗号資産に注力」を入れてもらいました。

引用元:藤巻健史ツイッター公式アカウント(原文のまま)

ご本人のツイッターでの発言にあるとおり、藤巻議員の強い希望でマニフェストに明記されたことが理解できます。

今までだと、藤巻議員が個人的に「仮想通貨税制を変える会」を通し、仮想通貨(暗号資産)の普及とブロックチェーン技術の発展に尽力している印象でしたが、党のマニフェストに明記されたことにより、党のお墨付きをもらったかっこうになりました。

blank

まとめ

成長戦略・経済政策として「AI、ブロックチェーン、仮想通貨」は避けて通れないものだと思います。

今回の選挙の論点にはなっていませんが、ぜひその他の政党の意見なども聞いてみたいですね。

blank

暗号通貨技能検定(初級編)は、ブロックチェーンに精通した業務を行っているプログラマーやエンジニアの方々からも支持されている検定資格です。なぜなら、難しく分かりにくい技術用語や単語を明確に理解し、「どの様な例え話を用い、他者へ伝えることができるのか!?」を知れる、日本で唯一の検定講座だからです。

講座は「お金について」を含め、1から重要な項目を前編後編合わせて3.5時間の中で、しっかりと学ぶことが出来る内容になっていますので、「興味はあるけれど講座についていけるのか、少し心配」という方であっても、安心して受講いただけます。

日々の生活や仕事はもちろん、ビジネスや新たなチャレンジにも役立つ資格であるため、他の受講生の皆様とともに、しっかりと仮想通貨システムおよびブロックチェーンの理解を深めていただけたら幸いです。

暗号通貨技能検定で、7つの自信を確立する
  1. キャッシュレス化の波をつかむ
  2. ブロックチェーンの活用事例を知る
  3. フィンテックの可能性を理解する
  4. 実践的な活用方法を知る
  5. ビジネスで活かせる資格を得る
  6. 周りからの質問に分かりやすく答えてあげる
  7. ブロックチェーンでどのような未来が創造されるのかを理解する

本質を学び活かすことができる、暗号通貨技能検定(初級編)とは!?
↓↓↓
blank

Scroll to Top