暗号通貨技能検定(初級編)最後の日

大阪は雨も上がり、晴れと曇りがせめぎあっているようなお天気です。

九州地方は今回の大雨で、さまざまな被害が出ているとニュースで見ましたが、この様な状況が日本だけでも全国各地で毎年続いていますが、主な原因は「地球温暖化」にあると言われています。

長い年月をかけて徐々に地球の平均気温は上がっているため、今一度、その原因とは何かという「本質」に目を向け、学び、改善へ向けた行動をとりたいものです。

本質を知るきっかけとは

記事を書いたり、講師として登壇したり、対面で相談を受けたりするとき、その物事の本質を分かっていなければ、より良い結果に導くことができないと言われています。

そこで、[su_highlight background=”#99edff”]気軽に「本質って何!?」の問いに自分自身を導いてくれる物が『書籍』です。[/su_highlight]

例えば、ある分野の本を10冊読むと、どの本にも同じようなことが書かれていたりします。そして実は、それが本質のカケラだったりします。

私は以前、生命保険の営業を行っていたという事を会員のみなさんであれば、ご存じの事だと思いますが、私はその際、数多くの生命保険に関する本を読み、プレゼンテーションに関する本を読み、心理学の講座を受講し本も読み、話し方の勉強もし本も読みました。

その中で、それぞれ読んだ本の数は20~30種類は読みました。

本質のカケラ

例えば、生命保険の本であれば、どの様に商品の良さを伝えるのかというテクニックなども書いているのですが、何気なくサラッと書かれているのが「相互扶助」のお話でした。

これは、基本的に生命保険を仕事として取り組むうえでは、最も重要な事なのですが、本にはサラッと書かれていました。しかし、ここでポイントになるのは、[su_highlight background=”#99edff”]全ての書籍に「相互扶助」の事が書かれている[/su_highlight]という事です。

これが、本質のカケラを見つけたということに繋がり、後は、見つけたカケラを磨くために、その物事を必要とする人々へ想いを込めて重要性をお伝えします。

人は人と接することでのみ磨かれると言われます。よって、本質のカケラを見つけた瞬間、それはもうあなたの一部ですから、その本質を磨くためにも、人に話したり文書で表したり映像で伝えたりする必要があります。そして、その行動こそがが、本質のカケラを磨くという行為に繋がります。

ぜひ、何か新しいことに取り組む際には、「まずは10冊本を読んでみる!」という事も、本質を知るための一つの行動ですので、お勧めしたいと思います。

結果、その分野で先を行く先人のお話を聞きに行ったり、講座に参加し学びを深めたり、ネットのEラーニングを視聴してポイントを抑えたりなど、あなた自身をさらに磨いていただけたら幸いです。

暗号通貨技能検定(初級編)東京定期開催最後の日

7月6日(土)は、東京にて初級検定講座が開催されます。

これまで東京では、私が初級検定講座を毎月開催してきましたが、次回で私が定期的に登壇する日としては最後です。

8月からは、当協会の理事であり沖縄支部長兼公認インストラクターである砂川さんに登壇して頂く事となりました。

blank

熱い想いをもった砂川インストラクターによる、仮想通貨(暗号資産)システムおよびブロックチェーン技術の本質の講義。
今後は、東京にて直接聞くことができる機会が増えますので、受講生のみなさんも楽しみにご参加ください。

8月の初級検定講座は25日(日)です。

そして私は、東京都の他の地域において初級検定講座を引き続き担当しますが、[su_highlight background=”#99edff”]日本クリプトコイン協会らしい、温かみと笑いあふれる新たな講座をスタートするための準備を進めております。[/su_highlight]それらの講座は、当協会員の他の方でもあっても参加できる講座となります。

新たな講座で得られるものは

  • お金とは何なのかという本質を知ることができます
  • キャッシュレスの重要性を知ることができます
  • 生命保険の在り方に気づくことができます
  • なぜ年金を支払うのかという本質を知ることができます
  • 親が子にお金の話を分かりやすく伝えられます
  • ブロックチェーンをビジネスにどう生かすのかを理解できます
  • 未来の金融の形をイメージできるようになります
  • 学び続けることの重要性を再確認できるようになります

以上、正式な発表は8月となります。

新たな講座でともに学びあい、生活とビジネスの中で生かしあえること、楽しみにしております。

blank

暗号通貨技能検定(初級編)は、ブロックチェーンに精通した業務を行っているプログラマーやエンジニアの方々からも支持されている検定資格です。なぜなら、難しく分かりにくい技術用語や単語を明確に理解し、「どの様な例え話を用い、他者へ伝えることができるのか!?」を知れる、日本で唯一の検定講座だからです。

講座は「お金について」を含め、1から重要な項目を前編後編合わせて3.5時間の中で、しっかりと学ぶことが出来る内容になっていますので、「興味はあるけれど講座についていけるのか、少し心配」という方であっても、安心して受講いただけます。

日々の生活や仕事はもちろん、ビジネスや新たなチャレンジにも役立つ資格であるため、他の受講生の皆様とともに、しっかりと仮想通貨システムおよびブロックチェーンの理解を深めていただけたら幸いです。

暗号通貨技能検定で、7つの自信を確立する
  1. キャッシュレス化の波をつかむ
  2. ブロックチェーンの活用事例を知る
  3. フィンテックの可能性を理解する
  4. 実践的な活用方法を知る
  5. ビジネスで活かせる資格を得る
  6. 周りからの質問に分かりやすく答えてあげる
  7. ブロックチェーンでどのような未来が創造されるのかを理解する

本質を学び活かすことができる、暗号通貨技能検定(初級編)とは!?
↓↓↓
blank

Scroll to Top