国会

「仮想通貨税制を変える会」会長の藤巻議員、国会に請願書提出

いよいよ今年も後半戦に突入しました。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

九州では断続的に激しい雨が観測されているようですので、警戒してください。

被害が大きくならないことを願っております。

本日は、参議院議員の藤巻健史氏(日本維新の会)が国会の会期末直前に衆議院議長並びに参議院議長あてに仮想通貨税制改正の請願書を提出した、というお話を取り上げてみたいと思います。

「仮想通貨税制を変える会」とは

公式HPを見ると、「私たちの主張」として下記の2点を掲げています。

・仮想通貨を広く社会に浸透させ、ブロックチェーン技術の発展を促すためにも、仮想通貨税制をあるべき形に変えていく。
・税制が仮想通貨やブロックチェーンの未来を潰してはならない。

引用元:「仮想通貨税制を変える会」公式HP

また、以下の4点の税制変更を提起しています。とも記載されてます。

1、最高税率55%の総合課税から20%の分離課税へ!
2、損失の繰越控除を可能に!
3、仮想通貨間の売買を非課税に!
4、少額決済を非課税に!

photo/仮想通貨税制を変える会

私の立場はおおむね賛成です。

皆様は、いかがでしょうか?

「請願書」の内容

blankphoto/藤巻健史氏の公式ツイッター

藤巻氏の公式ツイッターに、懇願書の写真が掲載されていました。

内容を確認すると、仮想通貨税制を変える会の「私たち主張」と「税制変更4点の提起」をそのまま衆議院議長と参議院議長あてに提出したかっこうです。

「請願書」の意味を考える

衆議院のHPを確認すると以下のように記載がありました。要約してお伝えします。

・請願は、憲法第16条で国民の権利として保障されていること
・請願書は、議員の紹介により提出しなければならないということ

前掲の写真を確認すると「紹介議員」は藤巻健史氏となっていますが、「請願人」は黒で塗りつぶされています。

要するに、あくまで藤巻氏は紹介した議員であり、[su_highlight background=”#91e2ff”]民主主義の名の下に国民(請願人)が立法に参与する権利を行使した[/su_highlight]ということになるのだと思います。

blank

まとめ

請願書がどれほど立法に影響力があるのかはわかりませんが、国民から提出されたという意味は小さくないかもしれません。

「仮想通貨税制を変える会」にはサポーター制度を設けていますので、ある程度人数が集まった結果、国民(サポーター)の総意という意味合いもあるのだと思います。

ただ、非中央集権的に管理・運用されているビットコインを例に挙げるならば、中央集権の最たるものである国会で議論すること自体本来は本末転倒なのかもしれません。ビットコインの発明者であるサトシ・ナカモトには少し滑稽に映っているかもしれませんね。

blank

ひとりごと

藤巻健史氏には、異母弟である藤巻幸大氏がいらっしゃいました。

幸大氏は2014年に死去されているのですが、幸大氏も晩年は参議院議員をされていました。

私は、仮想通貨業界で働かせていただく前は、レディースアパレル業界にいたのですが、藤巻幸大氏を知らない人はいないくらい有名な人でした。
政治家へ華麗なる転身をした矢先の病だったと思います。
きっと志半ばで逝ってしまったはずです。
心より、ご冥福をお祈り申し上げます。

blank

 

暗号通貨技能検定(初級編)は、ブロックチェーンに精通した業務を行っているプログラマーやエンジニアの方々からも支持されている検定資格です。なぜなら、難しく分かりにくい技術用語や単語を明確に理解し、「どの様な例え話を用い、他者へ伝えることができるのか!?」を知れる、日本で唯一の検定講座だからです。

講座は「お金について」を含め、1から重要な項目を前編後編合わせて3.5時間の中で、しっかりと学ぶことが出来る内容になっていますので、「興味はあるけれど講座についていけるのか、少し心配」という方であっても、安心して受講いただけます。

日々の生活や仕事はもちろん、ビジネスや新たなチャレンジにも役立つ資格であるため、他の受講生の皆様とともに、しっかりと仮想通貨システムおよびブロックチェーンの理解を深めていただけたら幸いです。

暗号通貨技能検定で、7つの自信を確立する
  1. キャッシュレス化の波をつかむ
  2. ブロックチェーンの活用事例を知る
  3. フィンテックの可能性を理解する
  4. 実践的な活用方法を知る
  5. ビジネスで活かせる資格を得る
  6. 周りからの質問に分かりやすく答えてあげる
  7. ブロックチェーンでどのような未来が創造されるのかを理解する

本質を学び活かすことができる、暗号通貨技能検定(初級編)とは!?
↓↓↓
blank

Scroll to Top