暗号通貨技能検定(初級編)第105回 at 愛知県

暗号通貨技能検定(初級編)を愛知県で開催

先日は、名古屋市内にて初級講座を開催いたしました。

この日の前日は、公認アドバイザーの清水さんが基礎講座を開催されていたこともあり、その参加者の中から2名の方が、今回の初級講座に参加されました。

基礎講座や実践講座は、初級検定講座を受講する前に参加すれば、初級検定講座の対策講座となり、初級検定講座の後に受講すれば、初級検定講座の復習ができ学んだことを実践する確認講座にもなります。

また、初級検定講座に申込まれた方は、[su_highlight background=”#f3ff99″]基礎講座もしくは実践講座を無料で受講できる権利[/su_highlight]を持たれていますので、ぜひ無料受講の権利を活用いただけたら嬉しいです。

blank

ミス・コスモポリタンファイナリストの参加

今回、受講された方の中には、今月16日に大阪で開催される『ミス・コスモポリタン2019』のファイナリストである、武村佳奈さんが参加されました。

武村さんは現在学生であり、教員を目指されています。慈善活動にも積極的に参加されており、寄付や募金活動にも活用できる仮想通貨(暗号資産)やお金の本質を学びたいとの気持ちで、初級検定講座に参加されました。

blank blank

また、この大会で優勝されたファイナリストは、今年9月16日に大阪で初開催される、ミスコンテストの世界大会『ミス・グレート2019』へ日本代表として参加する権利が与えられます。

このミスコンテストは、他のミスコンテストにはない理念を掲げています。

ミス・グレートは日本で開催される史上初のミスコン世界大会です。私たちは「すべての人に平等を」というスローガンを掲げ、ビューティーキャンプ中もそれを続けていきます。

引用元:ミス・グレート2019

また、この大会では、Web投票の公平性を高めるため、世界で初めてとなるブロックチェーンシステムを導入します。

仮想通貨(暗号資産)システムの理解を深める

講座の初めには、参加者の緊張をほぐすため、ビットコインに関する外部ページの説明や使い方をお伝えします。

この中には、歴史あるサイトで世界的には有名ですが、多くの日本人の方がアクセスしたことがないサイトもあります。中には、ずっと見ていても飽きないユニークなサイトもありますので、お時間見つけてご覧いただければ幸いです。

blank

サイトの説明が終わった後には、引き続き受講生同士での自己紹介が始まります。ここでは「なぜ、暗号通貨技能検定を受講しようと思ったのか」という事を、互いに伝え合い、受講前の意識を明確にし、講座に向かいます。

参加型の講座で笑顔あふれる

仮想通貨システムおよびブロックチェーン技術を学べる一般的な講座は、私も数多くの関連講座に参加してきましたが、淡々と教授や講師が話し続けるスタイルの講座や講義がほとんどでした。しかしながら、これでは脳が受け入れる状態をつくることが難しくなり、専門用語についても短期記憶から長期記憶への定着が非常に困難です。

blank

よって、初級検定講座は、参加型の形態をとり、講師から受講生へ記憶の定着を目的とした質問を行い、時には寸劇の形態をとり講義を進めていきます。講師自身も、「講義は受講生とつくる舞台である」という気持ちで臨んでおり、かなり動き回りますので、おのずと参加型の講座になります。

暗号通貨技能検定(初級編)では、この様な点も重要視し講座を構成していますので、4時間の講義も集中し受講することができます。また、その様な講座であるため、「あっという間の4時間でした」という感想も良く頂戴します。

ロールプレイングで記憶の定着を深める

blank blank
blank blank

学んだこと(インプット)は、誰かへ説明(アウトプット)することにより、さらに記憶が鮮明になり海馬(記憶の保管場所)に蓄積されていきます。

ひとは、一方的に聴く講義や講座ですと、説明する機会がないため、「分かったつもり」の状態となり、学んだことは次第に記憶から薄れていきます。では、どうすれば記憶に定着させやすくなるかというと、[su_highlight background=”#f3ff99″]学んだ直後に、学んだことを説明することが大切[/su_highlight]だと言われています。

その後、「エビングハウスの忘却曲線」の理論に沿って、学んだことを復習することにより、短期記憶は長期記憶へと移行していきます。

エビングハウスの忘却曲線については、分かりやすく纏められた記事がありますので、参考になるかと思います。

今回も、下記の通り、5つのテーマについてしっかりと受講生の皆さんとともに、仮想通貨システム及びブロックチェーンの本質を学びました。

  • お金について
  • 暗号通貨の未来と可能性
  • 暗号通貨とは何かについて
  • 決済システムの進化について
  • プロトコル

懇親会

懇親会には、多くの受講生の方に参加いただきました。

blank

講座中は時間の関係上、講師への質問時間は限られていますので、懇親会での質疑応答は、非常に重要な時間にもなります。

今回受講された新規受講生および再受講生の皆さんが、周りの方々へ仮想通貨の正しい知識をお伝えし、「なぜビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨システムが、未来を変えるイノベーションであるのか」という事を、聞く人が理解しイマジネーションを明確化できる様になれば、より笑顔あふれる世の中が私たちの手で創造できるでしょう。

初めて会った方々が、初級検定講座を通じて、この様な笑顔を共有できるのは、当協会ならではだと感じます。

受講生の皆様、ありがとうございました。

感想文

[metaslider id=6451]

 

受講生の皆さんから感想文をいただきました。
一読いただければ幸いです。

blank

暗号通貨技能検定(初級編)は、ブロックチェーンに精通した業務を行っているプログラマーやエンジニアの方々からも支持されている検定資格です。なぜなら、難しく分かりにくい技術用語や単語を明確に理解し、「どの様な例え話を用い、他者へ伝えることができるのか!?」を知れる、日本で唯一の検定講座だからです。

講座は「お金について」を含め、1から重要な項目を前編後編合わせて3.5時間の中で、しっかりと学ぶことが出来る内容になっていますので、「興味はあるけれど講座についていけるのか、少し心配」という方であっても、安心して受講いただけます。

日々の生活や仕事はもちろん、ビジネスや新たなチャレンジにも役立つ資格であるため、他の受講生の皆様とともに、しっかりと仮想通貨システムおよびブロックチェーンの理解を深めていただけたら幸いです。

暗号通貨技能検定で、7つの自信を確立する
  1. キャッシュレス化の波をつかむ
  2. ブロックチェーンの活用事例を知る
  3. フィンテックの可能性を理解する
  4. 実践的な活用方法を知る
  5. ビジネスで活かせる資格を得る
  6. 周りからの質問に分かりやすく答えてあげる
  7. ブロックチェーンでどのような未来が創造されるのかを理解する

本質を学び活かすことができる、暗号通貨技能検定(初級編)とは!?
↓↓↓
blank

Scroll to Top