新元号が「令和」REIWA に決定

政府は1日午前の臨時閣議で「平成」に代わる新しい元号を「令和」に決めた。「れいわ」と読む。菅義偉官房長官が記者会見で墨書を掲げて公表した。出典は日本の古典「万葉集」とした。中国古典(漢籍)ではなく日本の古典から採ったのは確認できる限り初めて。天皇陛下の退位に伴い5月1日午前0時から新元号「令和」に切り替わる。平成は1989年1月8日からの30年4カ月で幕を閉じる。

引用元:日本経済新聞

新元号令和について「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ、という意味が込められている」と説明した。出典とした万葉集に関しては「我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書だ」と述べた。公表後、安倍晋三首相は記者会見で談話を発表しました。

新元号令和は、和暦から西暦が簡単に変換できると話題に!
令和(REIWA⇒れいわ⇒018)+ 元年は1 =  2019年
令和(2)018 + 2年 = 2020年

とても分かりやすいですね!

Twitterでは「令和18年」がトレンド上位になり、「令和18年」は「18歳未満閲覧禁止」という意味を連想させる「R18」と表現できると話題にもなっています。

また、令和元年は「R1」と略記出来る為、明治のヨーグルトR-1を連想する人が多く、株式会社明治さんの株価も上がったそうです。

新元号硬貨の発行は

政府の発表によると、新元号を刻印した硬貨は、7月にも発行する方針のようです。

硬貨の製造は、政府が新元号を4月1日に決定、公表した後に開始し、独立行政法人造幣局の本局(大阪市)が硬貨の金型を製造します。優先度の高い2種類から新元号の刻印を行うそうです(需要が高い百円玉と五百円玉)。日本銀行に渡り金融機関から私たちの手元へ出回るので、硬貨とのご対面は、7月中旬以降になるとの見込みだそうです。

発行年が記載されていない紙幣は、新元号に伴う特別な措置はないようです。

なぜ硬貨に製造年が刻印されているのか

blank昔の硬貨には、金や銀が成分として含まれており、そのこと自体がお金の価値を担保していました。その時代ごとに作られた貴金属の含有量は、製造年により異なっていた為、同じ額面の硬貨であっても「物質としての価値」が作られた年により違ったのです。

これが硬貨にもともと製造年が書かれた理由です。

価値を示すために書かれていた製造年という昔のデザインの名残から、硬貨には造られた年が書いてあるのです。

キャッシュレス経済を推進している今、紙幣は

blank現在、スマートフォン導入促進、PayPay, Line PayのようにQRコードを読み取り、決済するサービスが盛んになりました。こうした民間主導のキャッシュレス化が進むと、中央銀行が発行する紙幣はどうなるのでしょうか。

一つの可能性として考えられるのは、紙幣がデジタル化される。これを中銀デジタル通貨と呼びますが、日本は未だに慎重な姿勢でデジタル通貨の導入の計画はないようですが、ここまでキャッシュレス化が進んでいるところをみると実現にはそれほど時間がかからない近い未来のように感じます。

人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ日本になればいいですね。

暗号通貨の『普及活動』、それが子供達の笑顔を創造する。

ブロックチェーンで未来を創造する人間づくりに努めている、一般社団法人日本クリプトコイン協会でお金の本質と暗号通貨の正しい知識を学んでみませんか!?

日本を明るい未来に導くことができる可能性がここには秘められています。

また、当協会は、更に深める暗号通貨技能検定(上級編)を開催しております。 受講した方々が書いた「仮想通貨が想像する未来」が一冊目となる小論文の文集がKindleにリリースしております。

blank

当協会の講座を通して、暗号資産(暗号通貨・仮想通貨)に対してどのような世界が広がるかをご理解いただける書籍となっています。是非、ご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

赤貝大好き倍賞

暗号資産の本質を学ぶことが出来る、暗号通貨技能検定(初級編)とは!?
↓↓↓
blank

Scroll to Top