暗号通貨技能検定(初級編)第97回 at 新潟県

暗号通貨技能検定(初級編)を新潟県で初開催

先日は、新潟県にて初級講座を開催いたしました。

今回、サポートスタッフとして参加していただいたのは、新潟県での初開催を主催していただいた高橋さんと砂川講師の初級講座を東京で受講された本間さんに、準備を手伝っていただきました。

前日は、大阪での初級講座であり、しっかりと懇親会でも語り明かして、からの、、、新潟入りは、早朝移動との事もあり、そして絶対に遅れられませんでしたので、寝不足状態での出発となりました。

この日は、大阪はさほど寒くはなかったのですが、新潟空港に到着すると気温は「5°」でした。
薄着できてしまった自分に若干の後悔の念が舞い降りました。

上越新幹線が2階建てだったとは

新潟駅までは空港からバスでしたが、会場は長岡市駅の近くでしたので、更に移動が必要でした。

「バスで行くか、それとも新幹線か?」

迷いましたが、タイミングも重なり、人生初の上越新幹線に乗車する事となりました。
ここで初めて知ったのですが、なんと上越新幹線は2階建てだったのですね。これには驚きました。

たった2駅の旅でしたが、何事も初体験というものはワクワクいたしますね。

仮想通貨(暗号資産)の本質を伝えるべく会場入り

開催場所はすぐに見つかり、誰も来ていなかったので会場入り口で待っていると主催者の高橋さんがやってこられました。

入り口に案内をセッティングし、会場入りです。

blank

会場はとても広く、初級講座開催会場としては、過去最高の広さだったと思います。
私は、講座の最中にかなり歩き回るのですが、会場が広いとそれに比例して歩く範囲は広くなる様です。
昨日の大阪初級講座でも全力を出し尽くしましたが、新潟発開催となると、いつも以上に想いが入ります。

暗号通貨技能検定 前半スタート

受講生の皆さん、最初は少し緊張されていましたが「何故、暗号通貨技能検定を受講しようと思ったのか!?」という質問をとなりの席の方と自己紹介を兼ねて語り合いますので、一瞬で皆さんの緊張がほぐれました。

blank

最初は、ウォーミングアップを兼ねて、仮想通貨に関する幾つかのサイトを紹介します。
ほとんどの方が知らないサイトなのですが、サイトの内容を知ると皆さん驚かれます。

  • 価格が分かるサイト内の使えるツール
  • 実用性のあるサイト
  • ビットコインノードのヒートマップ
  • 億万長者のアドレスが分かるサイト

楽しさ半分、話のネタになること半分、みなさんテキストに書き写しておられました。

初級講座の前半は3つのテーマに分かれて講義が進んでいきます。

1.お金について
2.暗号通貨の未来と可能性
3.暗号通貨とは何かについて

となります。

仮想通貨の事を知るためには、そもそもお金とは何か?という事を勉強しておかなければなりません、ビットコインが何故誕生し「今までできなかったことがなぜ仮想通貨によってできるようになったのか?」という事を明確に理解できません。

ほとんどの仮想通貨に関する講座は、ここを組み込んでいないので「仮想通貨はすごそうだけど、他の人には何がすごいのかを明確に説明できない」という結果に陥ります。

初級講座は、この部分をとても大切にしていますので、[su_highlight background=”#f3ff99″]例え話を用いて、いかに皆さん自身が、大切な方々に対し分かりやすく説明できるか[/su_highlight]という点についても重要視しています。

暗号通貨技能検定 後半スタート

後半は2つのテーマに分かれて講義が進んでいきます。

4.決済システムの進化について
5.プロトコル

となります。

ここ最近は、話題となっているキャッシュレスに関する大手銀行のCMを視聴して頂くのですが、みなさん「なるほど~」っと新たな気付きを得られたような表情になります。

そして講義は続きます。

今回の講義は、昨日の大阪に引き続き、伸びに伸びて完全に予定時間オーバーのコースでした。
しかしながら、私はいつものように「熱い講座」を開催していましたので、吉本風仮想通貨講座に皆さんは受講生でありながらも、観客として笑いある中での講座として、学びを深められていました。

仮想通貨に関する講座は、私も色々な講座や勉強会に参加してきましたが「眠くなりそうな講座が多い」と常日頃から感じていたので、初級講座を作り構成していた際には「受講生の皆さんが絶対に眠くならない、そして笑顔あふれる、しかも本質を明確に気づくことが出来る!」そんな講座つくりを目指していました。

そして『暗号通貨技能検定(初級編)』が完成しました。

さて、今回もロールプレイングの時間です。
皆さんの笑顔や身振り手振り、そして自身の学び度合いが明確に出るこの時間を、楽しみながら進められていました。

blank
blank
blank

ロールプレイングが終わり、テーマ後の講義も終え、試験が始まりました。

試験が終わり、色々な表情をされる受講生の皆さん。緊張がほぐれ達成感を感じられる瞬間でもあります。

試験が終わり、お一人お一人から直接伺う初級講座の感想は、4時間話し続けた私にとって、素晴らしいひと時となります。
今回も皆さん[su_highlight background=”#f3ff99″]「あっという間の講座でした!」[/su_highlight]との言葉には、私自身の達成感がみなぎる瞬間でもあります。

受講生の感想文

[metaslider id=5492]

懇親会

新潟という事もあり、日本酒が飲みたいなと思っていたら、なんとお店側からのプレゼントとして、純米吟醸の『八海山』が一升瓶で「ドンッ!!!」と持ってこられました。人間の創造の範囲にないことが起きると、人って一瞬、時が止まるものですね。

blank

懇親会は、初級講座で新たに浮かんだ疑問や質問を、皆さんで直接シェアできる場所でもあるので、初級講座を受講される方は、可能な限りご参加いただけたら嬉しいです。今回の皆さんとも、いつも以上に仮想通貨が創造する未来、そしてブロックチェーンシステムの可能性、もちろんお金の本質についてもしっかりと語りました。

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

仮想通貨の本質を学び

主催頂いた公認アドバイザーである高橋さん、ありがとうございました。

そして何より、[su_highlight background=”#f3ff99″]暗号通貨技能検定を受講いただいた皆様ありがとうございました。[/su_highlight]
次回の新潟初級講座には是非、初級講座を受講されていない皆様の周りの方々と共に、協会の再受講プログラム(協会員であれば受講料は無料)を活用し学びを深めにお越しください。

blank

暗号通貨技能検定は、ブロックチェーンに精通した業務を行っているプログラマーやエンジニアの方々からも支持されている検定資格です。なぜなら、難しく分かりにくい技術用語や単語を明確に理解し、「どの様な例え話を用い、他者へ伝えることができるのか!?」を知れる、日本で唯一の検定講座だからです。

もちろん、講座は「お金について」を含め、1から重要な項目を前編後編合わせて3.5時間の中で、しっかりと学ぶことが出来る内容になっていますので、「興味はあるけれど講座についていけるのか、少し心配」という方であっても、安心して受講いただけます。

暗号通貨技能検定は、日々の生活や仕事はもちろん、新たなチャレンジにも役立つ資格であるため、他の受講生の皆様とともに、[su_highlight background=”#f3ff99″]しっかりと仮想通貨システムおよびブロックチェーンの理解[/su_highlight]を深めていただけたら幸いです。

代表理事 山下健一

JCCA「8つの約束」

暗号通貨技能検定とは、下記の8つの「知りたい!なりたい!」を重要な項目と捉え、2015年6月からスタートした、日本で最も歴史あるブロックチェーン講座です。

日々の生活や仕事で生かせる8つの項目を、実践的な理解も含め学ぶことが出来ます。

  1. キャッシュレス化の波に乗り遅れたくない
  2. ブロックチェーンの活用事例を知りたい
  3. フィンテックの可能性を知りたい
  4. 第四次産業革命を理解したい
  5. AIに仕事が奪われる時代が来るのか知りたい
  6. 会社で一目置かれる存在になりたい
  7. 周りからの質問に分かりやすく答えてあげたい
  8. ブロックチェーンでどのような未来が創造されるのか知りたい

blank

Scroll to Top