・暗号通貨技能検定(初級編)第84回 at 愛知県

暗号通貨技能検定(初級編)を愛知県で開催

昨日は、名古屋市内にて初級講座を開催いたしました。
名古屋駅に到着し新幹線を降りてみると、三連休の影響なのか、たくさんの人で賑わい、昼食の為にお店を探し回りましたが、どこも長蛇の列!
危うく、ランチ難民になりかけるところでした。

開始1時間前には会場に到着しましたので、身体を温めるため机の移動や受付準備などを久しぶりに行いました。

先月の愛知県開催の講座でも感じたことですが、今回も講義に対する反応が良く、特に最前列ど真ん中の鈴〇さんが、私がお伝えする内容に「すごい!」「なんと!」「上級講座を必ず受講したい!」っと、声をあげられていましたので「より前向きで、とても感受性の高い方なのだろうな~」っと感じながら講座を進めていました。

今回の講座も、笑いあり、笑いあり、笑いあり、の中で大切に仮想通貨(暗号通貨・価値記録)の本質をお伝えさせていただきました。

ロールプレイングも回を重ねるごとに活気が増していき、[su_highlight background=”#f3ff99″]頭でわかっていても、それを言葉で伝えようとすると上手く伝えられない体験[/su_highlight]を受講生の皆さんが体験され、良い機会になったかと感じます。

 

仮想通貨(暗号資産)の話題で盛り上がりました

その後の懇親会も、愛知支部の専任幹事でもあられる岡田さんにご準備頂き、素敵なお店で楽しくお話しができました。ありがとうございました。

ビットコインの誕生秘話やブロックチェーンの未来について語り合えたことは素晴らしかったと感じます。
会を重ねるごとに活気が増す愛知支部の皆さん、そしてそれを纏める塚平支部長の人望に、改めて感動したひと時でした。

帰宅後、深夜になりましたが、皆さんの感想文を読ませていただきました。

[metaslider id=4597]

皆さんの感想文は、その日の[su_highlight background=”#f3ff99″]私のパフォーマンスを表す通知表[/su_highlight]でもあるので、読ませていただく度に疲れが一気に吹き飛び、達成感が湧いてきます!

来年、ますます愛知県での初級講座が楽しみです。

 

仮想通貨の本質を知ることが出来る、暗号通貨技能検定(初級編)とは!?
↓↓↓

投稿者プロフィール

アバター
山下健一代表理事
暗号通貨の思想とブロックチェーンの概念は、金融システムをより安全に低コストで運用できるだけでなく、銀行口座を持たない20億人の生活環境を底上げします。また、寄附や募金へ広く活用されることは、SDGsの達成にも貢献する事でしょう。一人でも多くの方と共に、正しい暗号通貨システムの可能性を学び、実生活や仕事にも取り入れて頂けるよう、当協会はこれからも「暗号通貨技能検定講座」の開催を重ねて参ります。

【資格・受賞歴】
・日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー
・東久邇宮記念賞受賞
・東久邇宮文化褒賞受賞
・特許:特開2016-081134号
・特願:2018-028585