・仮想通貨実践講座開催 at 福井県

仮想通貨実践講座を福井県福井市で開催

今回は講座と言っても、自宅やカフェでも気軽に行えるという趣旨なので、今回は自宅で行いました。

以前9月に福井商工会議所で、10月にアオッサ内福井地域交流プラザで暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)とブロックチェーンのお勉強会を開催したのですが、その時に来場して興味を持って持っていただいた方々が、今回参加してくださいました。

皆さん、暗号通貨のやりとりは初めての体験だったみたいで、着金の速さに驚いていました。

今回、BCH(ビットコインキャッシュ)を送付に使いましたが、ハードフォーク前ということが関係しているか分かりませんが、普段より時間がかかっていたように思いました。

講座が終わり、自然な流れでお茶会になり今日の感想を聞くと「パスワードの入力が大変だった」「実際に操作して実感がわいた」「仮想通貨って興味はあったけど、なんか恐くて始められなかった」、「怪しい、詐欺というイメージだったけど講座を受けて変わった」などなどご意見をいただきました。

今日の講座で、仮想通貨やブロックチェーンの正しい知識や本質を伝えられたと思います。

仮想通貨(暗号資産)の講座を楽しめた今回

今日の講座で自分が山下理事の初級講座を受けてもの凄く感動した話しをすると、[su_highlight background=”#f3ff99″]そんなに感動して素敵な講座なら受けてみたい[/su_highlight]と言われていました。

福井県でも早く初級講座が開催できるようにしたいです。

今後も繰り返し実践講座や基礎講座を開催して、自分のスキル上げにも繋げていきたいと思います。

公認暗号通貨アドバイザー 藤間 泰光

仮想通貨の本質を知ることが出来る、暗号通貨技能検定(初級編)とは!?
↓↓↓

投稿者プロフィール

アバター
山下健一代表理事
暗号通貨の思想とブロックチェーンの概念は、金融システムをより安全に低コストで運用できるだけでなく、銀行口座を持たない20億人の生活環境を底上げします。また、寄附や募金へ広く活用されることは、SDGsの達成にも貢献する事でしょう。一人でも多くの方と共に、正しい暗号通貨システムの可能性を学び、実生活や仕事にも取り入れて頂けるよう、当協会はこれからも「暗号通貨技能検定講座」の開催を重ねて参ります。

【資格・受賞歴】
・日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー
・東久邇宮記念賞受賞
・東久邇宮文化褒賞受賞
・特許:特開2016-081134号
・特願:2018-028585