QVOLTAとは

私の好きな漫画の一つに、

BLUE GIANT全10巻

BLUE GIANT SUPREME 1,2巻

があります。

これは主人公の大(DAI)がサックスと出会い、

サックスを通して人間成長していく物語です。

この漫画、、、心から感動します!ウルッてきます。

そして、ブロックチェーンは人生そのものであり、

世界の格差を縮め家族愛や人々の繋がりを育む、

そんなシステムであるという事を、お話ししていますが、

その事にも気づかせてくれるシーンがあります。

BLUE GIANT SUPREME の2巻に描かれています。

たった、2ページにです。

是非、お時間見つけて、漫画喫茶などででも、

お読みいただければ嬉しいです。

是非ともBLUE GIANTの1巻から!

また、読まれた方はお茶会などでも語りましょう。

――――――――――――――――――――――――――

◆最新!仮想通貨(暗号通貨)ニュース解説

――――――――――――――――――――――――――

本日、無事にSegwitが実装されました。

昨日、会員専用のフェイスブックグループには投稿しましたが、

Blockchain.Infoのレギュラー送金手数料が288円も必要であったことを、

お伝えしました。

では、Segwit実装後はどうなったかと言うと、、、約80円必要でした。

実際には約1/3にはなりましたが、

今後、この手数料がさらに圧縮されていくのかどうか、

気がかりが残る形となりました。

現在、ビットコインを使っている(送金する)人を世界から見れば、

ほんの一握りであることは想像がつきます。

では、世界中の人々がビットコインを決済に使用すると仮定すれば、

どの様な結果が待っているのか?

これも、想像できると思います。

2013年のころは、送金手数料は数円でした。

私は、その事に対し心から感動し、

子供達がお小遣いやお年玉から寄付や募金が出来る世の中が来る!

そうイメージしていました。

現時点でのSegwitの結果のままであれば、

2X(ブロックサイズを1Mから2Mに拡張する)が実装されても、

本来の問題解決には繋がらないと考えます。

ビットコインネットワークを守っている作業の一つがマイニングです。

しかし、このマイニングは現在、ビットコインネットワークを守る為ではなく、

収益を確保することが第一の目的となっています。

ビットコインには中央集権が存在しませんので、その維持管理も、

本来は個々のPCがビットコインネットワークに繋がり、

マイニングを行いセキュリティー向上に繋がるという形が、

最も理想的です。

政府に管理されない、金融機関に頼らない、そんな送金システムを

個人同士で維持し管理できる、それが暗号通貨のネットワークです。

このビットコインの思想に、より明るい未来をイメージできる方は、

個人のPCを使用していない時に、ビットコインネットワークに繋がり、

マイニングを行ってみてはいかがでしょうか。

結果、電気代を幾らか使いマイニングできなかったとしても、

政府を必要とせず金融機関を必要とせず、ビットコインと言う

お金の代替え価値を存続するために必要なマイナーになる意味は、

とても大きいのかもしれません。

手数料が少ないトランザクションから承認していくマイナーが現れ、

そのマイナーには別の形で収益が入る仕組みを作る。

具体的にどうすればよいか等、現時点では具体的に浮かびませんが、

何かより良い方法があるのではないかなと考えたりしている、

今日この頃です。

――――――――――――――――――――――――――

◆日本人が知らない!?海外の最先端トレンド情報

――――――――――――――――――――――――――

現在、ビットコインを始めとする暗号通貨を入手する方法の内、

最も活用されている方法が、取引所での売買による入手です。

しかし、私が最初にビットコインを入手した方法はと、

「現金を支払いウォレットへビットコインを送ってもらった」でした。

そして今でも思うのですが、本当はこの方法が中央集権を経由しない

暗号通貨のやり取りの本質だと思っています。

ビットコインの入手は、個々がマイニングを行い入手する。

そして、マイニングで手にしたビットコインを、

各々で決めた価格で取引する。

この方法が、本来のあり方だと考えます。

ビットコインは非中央集権的な存在です。

よって、中央集権的な取引所を通して入手するという方法は、

ビットコインや暗号通貨の本質を知ると、どうしても違和感があります。

もちろん、違和感がありながらも、

注目しているプロジェクトで使用されている暗号通貨の入手は、

取引所で行っているという現実もあります。

しかしながら、本質を知り違和感がありながら取引するのと、

そうでないのとでは、暗号通貨の未来を見る視野は、

大きく変わると考えます。

その様な中、LocalBitcoinを進化させた仕組みを提供しようとしているのが

『QVOLTA』です。

https://cointelegraph.com/news/qvolta-aiming-to-break-exchange-monopoly

やはり、このチームも同じような考えを持っている様です。

このプロジェクトが、必要とされ世界中に浸透していけば、

個々のコミュニケーションもSNS経由であっても、

個人的には活発になると考えています。

売買に対する支払方法は様々な媒体を使用する様ですが、

一般的な取引所よりも、トータルの手数料が安価になるのであれば、

とても理想的なシステムではないかと考えています。

ビットコインが何故この世の中に誕生したのか?

何故、そのシステムであるブロックチェーンが注目されているのか?

様々な仮説を立て、それぞれの考えを当てはめていくと、

きっと、無駄が省かれ、本来必要とするものだけが、

見えてくるかもしれませんね。

https://qvolta.com/

https://localbitcoins.com/

Scroll to Top